マインドセット

なぜマインドセットを学ぶ必要があるのか

私は松田豊さんを師事し、
マインドセットを日々学んでいます。

 

でも、よくマインドセットのことを
「カルト宗教の洗脳みたいだ」と胡散臭く
思って毛嫌いしている人っていますよね。

 

確かに、若手の起業家がYouTubeで
「成功するにはマインドセットが必要」と
上から目線でマウントを取るように
話されると胡散臭く感じるのは
よくわかります。

 

かつて私も松田さんに出会うまでは
「マインドセット」って言葉を聞くと
「またかよ」と正直思っておりました。

 

しかし、そう思うのは仕方がないことです。

 

YouTubeで話しをしている人の大半が
本当に実績があるのではなく、
成功者ぶって市販の本に書かれている
内容をそのままパクって
ただ喋っているだけなので
心に響かないんですよね。

 

だから、胡散臭く感じるのは普通であり
むしろ当然です。

 

でも、成功するためにはマインドセットを
学び続けなければいけないのは事実です。

 

ここで、元西武ライオンズの石毛宏典さんが
YouTubeで話されていたことをシェア
します。

 

当時監督であった広岡達郎さんは
キャンプのミーティングのたびに
広岡さんが独自に作った「必勝法・必敗法」
という全部で27か条あるものを
選手に書いてある内容を声に出させ、
潜在意識に刷り込ませることを
行っていたそうです。

 

その内容は野球をしていく上で
基礎となるものばかりです。

 

例えば「勝つためにはこんな方法がある」
とか「こんな意識が必要である」
といったもの。

 

最初は意識して覚えていき3年目、
4年目となるとスラスラと無意識に
27か条の文言が出てきたとのこと。

 

そうすると何が変わったのかというと
考えなくても体が反応するのでミスが
なくなり、それが手堅い野球となり
西武が強豪チームとなった理由です。

 

しかし、そこに至るまではスムーズに
いった訳ではなく、選手から
「ミーティングより自主トレの時間を
増やした方がいい」と言われたりと
文句が絶えなかったようです。

 

でも、広岡監督は当時万年Bクラスであった
ヤクルトスワローズを優勝に導いた
実績があります。

 

選手たちは不満があっても、実績のある
監督の指示に従い結果優勝する
ことができました。

 

何が言いたいのかというと
実績のある本物の成功者の
マインドセットを潜在意識に刷り込ませる
ことが大事だということです。

 

「マインドセットなんかよりも具体的な
テクニックを教えろよ」と言う人がいますが
どんなことでも、基礎を疎かにしていては
上手くはいきません。

 

西武が強豪チームとなった理由からみても
基礎が大事であることがよく
わかるかと思います。

 

松田さんは起業して15年以上のキャリアが
あります。

 

独りビジネスを極めた方です。

 

独りでネットを使って稼ぐためには
松田さんのマインドセットを学ぶ必要が
あります。

 

なので、私は謙虚にマインドセットを
学び続けています。

 

-マインドセット

© 2021 新庄信太のブログ