【東京クリスマスマーケット】2019おススメ5選!!




クリスマスマーケットと聞いて、いまいちよくわからないというあなた。
かくいう私も記事を書くまで知りませんでした。

 

まず、クリスマスマーケットとは。
発祥はドイツになります。

 

起源はカトリック教会が発行する免罪符を特定の日に多くの人が来ることによってしばらくしてから市がたちました。

 

門前市ですね。
日本でいうと同じ時期に開催される酉の市で熊手を売っている屋台ですね。

 

そして市では農業でとれた農作物や自家製のバターやパンを販売したのがルーツで中でも年末の年の市は贈与の習慣とかさなり、クリスマス市となり定着しました。

 

そんなクリスマスマーケット。

 

近年、日本でも全国各地で開催され、今回は都内近郊で開催されるおススメのクリスマスマーケットを5選ご紹介します。

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケットおススメ①:日比谷公園

日比谷公園では2015年から開催。
何といってもクリスマスマーケットのシンボルとなっている「クリスマスピラミッド」は圧巻。

 

世界のおもちゃ工場として有名なドイツならではの木の人形。
民芸品として有名な『くるみ割り人形』、鉱夫や天使の人形は正に芸術品。

 

本場さながらの屋台も多数出店された、日比谷公園の東京クリスマスマーケットを満喫してください。

写真で見るとピラミッドの壮大さが感じられると思います。
会場の雰囲気は動画でどうぞ。

動画の1分57秒あたりから飲食ブースが紹介され、美味しそうですよね。
何軒か屋台をまわって、いろいろなお料理を楽しんでみて下さいね。
後、寒い日は「ホットワイン」がおすすめです。

開催場所・開催期間・アクセス

開催場所:日比谷公園噴水広場
開催期間:12月15日(日)~25日(水)予想
アクセス:東京メトロ・日比谷線または千代田線日比谷駅 A14出口より徒歩約1分

東京クリスマスマーケットおススメ②:六本木ヒルズ

一番本格的と言われている六本木ヒルズのクリスマスマーケット。
みどころは何といっても世界最大と言われるドイツのクリスマスマーケットを再現していること。

 

ドイツやオーストリアでは、クリスマスの一ヶ月前の土曜日もしくは金曜日から開かれ、六本木ヒルズのクルスマスマーケットは、その慣習に合わせているので、他とは違い差別化がされてますね。

開催場所・開催期間・アクセス

開催場所:六本木ヒルズ内の「大屋根プラザ」
開催期間:11月23日(土)~12月25日(水)予想
アクセス:東京メトロ・日比谷線「六本木駅」1C出口から徒歩0分の好立地。(コンコースにて直結)

 

後、六本木ヒルズのもう一つのメインである、イルミネーションも必見。
LEDがけやき並木を美しく彩る景色は別世界ですね。

東京クリスマスマーケットおススメ③:恵比寿ガーデンプレイス

毎年好評を博している「マルシェ・ド・ノエル」が今年も開催予定。
恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスマーケットで一番のメインにあたる時計広場のツリーはその大きさと迫力に目を見張ること間違いなし。

ぜひ、記念の写真を彼女と撮られることをおススメします。

 

開催場所・開催期間・アクセス

開催場所:恵比寿ガーデンプレイス時計広場
開催期間:11月3日(日)~1月8日(水)予想
アクセス:JR恵比寿駅東口からは動く通路「恵比寿スカイウォーク」で約5分

スポンサーリンク

東京クリスマスマーケットおススメ④:横浜赤レンガ倉庫

東京ではなく、こちらは横浜。
今年で8回目の開催となる「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」。
異国情緒漂う横浜をモミの木で彩られえたクリスマスツリーと美しい夜景が二人のムードを盛り上げます。

 

後、雑学ネタをひとつ。
キリストがゴルゴダの丘で、磔(はりつけ)の刑にされた木がモミの木のことから、それが由来でクリスマスツリーに利用されています。

動画の2分あたりからモミの木のクリスマスツリーがアップになり、とても綺麗ですよね。

開催場所・開催期間・アクセス

開催場所:横浜赤レンガ倉庫
開催期間:11月23日(土)~12月25日(水)予想
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分

 

東京クリスマスマーケットおススメ⑤:さいたま新都心

同じく東京ではなく埼玉。
都内の人気スポットに出かけなくても地元埼玉でヨーロッパの雰囲気を堪能。
屋台が充実していることから今年も充分楽しめそう。
私は埼玉に住んでいることから近場にこのようなイベントがあると大変ありがたい。

 

開催場所・開催期間・アクセス

開催場所:さいたま新都心けやきひろば2階
開催期間:11月23日(土)~12月25日(水)予想
アクセス:JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線でさいたま新都心駅から徒歩3分。またはJR埼京線北与野駅から徒歩7分。

まとめ

都心でドイツ伝統の本格的なクリスマスを味わえるなんていいですよね。

神社の縁日で開かれる屋台や催しものに足を運ぶ感覚で、クリスマスマーケットへ行くと年末の喧騒した状況から解放され、気持ちもウキウキし、彼女との関係も深まるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です