マインドセット

就職氷河期世代は、覚醒をしなければいけない!!

この世界は、お金によって
支配をされています。

 

例えば、どこかの国で戦争を起こしたり、
株価を操作したりと、すべて元をたどれば
お金が絡んでいます。

 

私たちは、お金に支配されている
わけですから、当然お金をもっている
人間に支配されているともいえます。

 

この社会のルールを作った人達は、
弱者の気持ちがわかりません。

 

というよりも、わかろうともしません。

 

生まれた時から親が金持ちなので、
苦労もせずにエスカレーター式の
大学に行ったりする人たちだからです。

 

エリートには庶民の気持ちなんて、
わかるわけがないんです。

 

そして、この支配層は私たちに
浪費をさせる事で生活をしています。

 

洗脳されてきた事実を受け入れる

彼らは、私たちに働くことを強要します。

 

働いてお金が入れば楽しい事が得られる
といった環境を作りました。

 

例えば、美味しいものを食べるとか、
スポーツ観戦、映画、ギャンブルといった
ものです。

 

その結果、人間は楽しい事を優先する生き物
なので、お金を稼いで浪費をするわけです。

 

ほとんどの人が、支配層が作った
ルールに沿って、なんの疑いもなく
生活をしています。

 

このルールによって、自分の感情とは裏腹に
競争を余儀なくされてきました。

 

特にこの競争によって報われずに貧乏くじを
引かされたのが、私たち就職氷河期世代な
わけです。

 

あなたも、会社や学校という小さな箱に
入れられ、嫌々競争をしてきたと思います。

 

そして、疑問を持たず、思考しないように、
どうでもよいことで競わされてきました。

 

要は上から言われたことには、
絶対逆らってはいけないという
しつけをされてきたわけです。

 

そもそも競争意識が日本に根付いたのが、
映画やスポーツといったアメリカの文化に
よるものです。

 

アメリカは何でも争います。

 

ホットドッグを誰が一番多く食べれるかと
いった馬鹿みたいな競技が存在します。

 

とにかく何でも優劣をつけたがります。

 

例えば、空手と柔道はどちらが強いかと
いった感じですね。

 

日本人からすれば、武道や武術は自分の精神
と肉体を鍛えるものであり、勝敗を決める
ものではないということは誰でもわかって
いますが、アメリカ人は常に一番を決めた
がります。

 

その影響によって、収入が高い人間は低い
人間から無条件で尊敬されるべきといった
いびつな風潮が今の現状です。

 

これが、生きづらさの正体です。

 

競争意識を捨てる

では、どうすれば、この支配から
逃れられるのか?

 

それは、執着をすてる事です。

 

まずは他人と自分を比べるのをやめる
ことです。

 

例えば、見栄を張って収入に見合わない
車を購入して生活費を切り詰めたり、
マイホームのローンに追われて苦しんだりと
いったことです。

 

あなたは、このような一番を決めるという
文化には付き合う必要はありません。

 

あなたはあなたのままでいいし、
あなたと他の人に優劣はないのです。

 

あなたと他人に優劣をつけるのは、
競争意識にマインドコントールされた
人たちです。

 

人には優劣はありません。

 

ありのままの自分でいい

聖書にも「神はお造りになったすべての
ものをご覧になった。見よ、それは極めて
良かった」と書いています。

 

あなたが、この世に生まれてきた時点で、
奇跡の存在でかけがえのない存在なんです。

 

だから、すべての人は、生きているだけで
良しとされています。

 

なので、勝手に勝ち負けや優劣といった
ことで競い合い、苦しみ合う事はとても
愚かな行為であることがわかるかと
思います。

 

まとめ

45歳を過ぎますと、急に「死」が身近に
感じてきます。

 

親も老いてきますし、喪中のハガキも
多くなります。

 

何より自分の体力の衰えを感じ、
若い時と違って無理がきかなく
なります。

 

だからこそあなたには、
無駄な競争はやめて、
自分と向き合い覚醒を
してもらいたいです。

 

自分のやりたいことをやる。
そして、親孝行をする。

 

そのためには、ある程度の
「お金」が必要になってきます。

 

色々言い訳をせずに、自分でお金が
入ってくる道筋を作ることです。

 

まずは、自分に何ができるのかを
知ることから始めてください。

 

そこで気を付けてほしいのが、YouTubeや
ブログで自称コンサルという人たちが話す
「稼ぐが勝ちだ!とにかく頑張れ」を
信じると間違いなく自滅します。

 

ネットが普及した現在は昔と比べ格段に
情報を得られる状況なんだけど、
そこで本物と偽物の見極める力が非常に
大事となってきます。

 

他人と自分を比べて苦しむ時代はもう
終わりです。

-マインドセット

© 2020 新庄信太のブログ