中高年が副業で失敗しないために知っておくべきこととは?




『働き方改革』によって、政府が副業を推奨することになり、以前よりも副業に対する考えも変わってきていると感じています。

仕事で頑張った分だけ評価され、昇給して定年まで働く。

終身雇用が完全に崩壊され、退職金と年金によって老後を悠々自適に過ごすといった人生設計は、不可能である現実を叩きつけられました。

そこで、注目されているのが会社に縛られずに自分の力でお金を稼ぐことです。

例えば「youtuberになりましょう」や「プログラミングを覚えましょう」とか「せどり」「アフィリエイト」「株やFX」など鉄板のものまで情報が氾濫しています。

YouTubeでこれらを実践して、「月収100万円稼ぎました」などと言っている若者を多く見かけると思います。

「簡単に稼げる」と言って、どれも聞こえはいいです。

初めから楽して稼げたら、これほどいいことはありませんよね。

みんな稼げてハッピーです。

しかし、このようなことが本当に実現できると思いますか。

「楽だと思って実践してみたら全然楽じゃなかった」

「昔は稼げたけど、規制が変わって稼げなくなってしまった」

「稼ぐどころかどんどん貯金が減っていき、借金を作ってしまった」

これが現実です。

これから私の体験を交えて、あなたに失敗してもらいたくないので真実を伝えていきます。

スポンサーリンク

焦ってはいけない

終身雇用が崩壊した現在、私たちは国や会社に依存せず、「自分の身は自分で守る」といった独りで稼ぐスキルが求められています。

「SEOって何….?」「プログラミングなんてわからない」「YouTubeで顔出しなんて無理」と戸惑っている中、ヘラヘラした連中の「稼いだ自慢」に怒りを感じ、何もできない自分に愕然としてしまう。

そうした現実に直面し、戸惑い葛藤しながらあなたも生きているはずです。

人間は面白いもので、焦れば焦るほど全く上手くいかないようにできています。

ただ、時間だけが刻々と過ぎていく・・・

「どうにかしなきゃいけない」と悩んでいる時は、大抵心が弱っているものです。

そうすると、「楽をして簡単に稼げる」といった詐欺まがいのものにお金を使ってしまいます。

私自身が身をもって体験しました。

「簡単に稼げる」と信じて、30万円もするアフィリエイトの高額塾に入ってみたものの、途中で心が折れてしまいました。

その塾では、季節のイベント記事を量産して、広告料を稼ぐといった手法を教えていました。

例えば、花火やクリスマスツリーといったイベントをランキング形式で紹介するといったものです。

興味のない記事を書くことが次第に苦痛となり、全く稼ぐことができない状況でしたので、失ったお金と時間を考えて、うつ状態になってしまいました。

この文章を読んでいるあなたには、このような遠回りをせず、無駄にお金を使うことなく、正しい情報を掴んで貰いたいと思っています。

なぜ、多くの人が副業で失敗をするのか?

取り立てて特別なスキルがない普通のサラリーマンが取り組む副業として支流なのが、せどりやアフィリエイトです。

せどりであれば、「商品を仕入れて、Amazonに出品するだけで稼げますよ」

アフィリエイトであれば、「広告を設置しておけばクリックされ、簡単に稼げますよ」

これらは、確かに聞こえがよく魅力的で心を動かされるかもしれません。

「なんか楽して稼げそう!」とか「これが一生続いたら不労所得だ!」といった夢のような世界が訪れることに期待は膨らみますよね。

私もこれらの甘い誘惑にハマりました。

実際はどうだったのか。

せどりはAmazonから嫌われ、ことごとく規制が変わり厳しくなっています。

アフィリエイトは、ブログの記事がアルゴリズムの更新によって変更がされれば収入が下がり、また1からやり直しです。

ほとんどの人が「ただ稼ぐ」ことにフォーカスをしていて、本質を見極めていないから続けることができません。

それで続かないと、今度は「モチベーションを上げる」といった間違った方向で努力をしてしまうから、自滅してしまうんです。

YouTubeで「自称コンサル」と言っているような連中が、「稼ぐことができないのは、努力が足りないから」と上から目線で言っています。

副業で興味にないことに集中して取り組むことができるのは、余程の根性の持ち主でなければ、このようなことはできません。

やりたくない仕事から家に帰ってきて、また、面倒くさい副業をやることが如何に精神的に苦痛であるかが、彼らには理解ができていない。

中高年の私たちには、拷問です。

人生経験の浅い子どもの戯言を信じると地獄を見ます。

副業でもお金をいただくということは、人に価値のある商品・サービスを提供し、その対価としてお金を得ることです。

徳を積む。つまり「人助け」です。

これが理解できないと、どんなにテクニックを学んだとしても成果が得られないんです。

「楽して簡単に稼げたらいいなぁ〜」では、人に貢献することができないことがよくわかるかと思います。

なぜ、競争意識を捨てなければいけないのか?

中高年が競争意識のまま副業に取り組み、頑張れば頑張るほどうまくいきません。

それは何でか?

アスリートに例えるとわかりやすいです。

元プロ野球のイチロー選手は例外として、ほぼすべてのアスリートが35歳前後で現役を引退しています。

中高年がただ頑張っただけでは、どうなる年齢でないことがよくわかると思います。

それと同じで、ビジネスの世界でも頑張たところでどうしようもないという時期があります。

それが、35歳以上の中高年です。

中高年のあなたは、がむしゃらに頑張ってもどうにもならないという現実を受け入れなければ、間違いなく失敗します。

私の失敗が良い例です。

だから、頑張るのをやめてください。

でも、「頑張らなければ稼げないだろう」って思いますよね。

私もそうだったので、その気持ちはよくわかります。

実はその考えは、間違っているんです。

「頑張れば成功する」とか「努力・根性で乗り切れ」とか「辛い時期は歯を食いしばって頑張れ」ということ自体を否定するつもりはありません。

生きていれば、色々と辛い時があなたにもあったと思う。

でも、それはあくまでも、生き方の問題であって、ビジネスをやる上ではまったく別と考えるべきなんです。

ここを一緒にしてしまう人が余りにも多い。

ビジネスでは、頑張るとか根性とか歯を食いしばるなんてことは一切関係ありません。

あなたがこれから取り組もうとしている「家でパソコンを使って稼ぐ」ということに関しては、このような根性論は邪魔になります。

むしろ、心を楽にしてゆったりリラックスした状態でなければならない。

そうでないと、独りでパソコンを使い長期的に仕事をするなんてことはできません。

しかも、パソコンは1日4時間以上はダメです。

パソコンの仕事で頑張ってしまうと、色々と弊害が起きてきます。

例えば、目の痛み、吐き気、首コリ、めまい、頭が痛い、疲れが取れないといった身体の症状が現れます。

そうはいっても、中々上手くいかないのが人間です。

現状を変えたくても変えられない、変えたくないのに変わらねばならない。

潜在意識に刷り込まれたものをいきなり変えるのは難しい。

その原因は何か。

テレビや新聞のニュースやスポーツによる影響が原因です。

これらは、あなたを競争させるために植え付けるものです。

例えば、テレビではオリンピックに向けて、連日アスリートが練習をしている光景を放送していますよね。

「金メダルを獲りたい」とインタビューを受けている映像に対して、「努力する姿勢は素晴らしい」とか「ぜひ、金メダルを獲ってほしい」とアナウンサーが言います。

これは「俺も頑張らなきゃいけない」と視聴者に思わせる意図が仕組まれています。

クイズ番組でも点数を競い合って、負けるとバカにしたり、罰ゲームをしてみじめな映像をあえて流すのは、「勝たなければ意味がない」と洗脳をしているんです。

もちろん、スポーツで頑張って目的を成し遂げることは素晴らしいことです。

その頑張っている姿勢を見て、励まされ感動したりといった良い面もあります。

しかし、この影響を受けてしまうと、自分のブログを上位表示させるために頑張って記事の量産をしたり、苦手なプログラミングを学ぼうとしてしまう。

これが、競争意識を捨てなければいけない理由です。

つまり、中高年が苦手なものを克服して成功しようなんてことを考えても無意味だと伝えたいのです。

他人と比較して競争をしている内は、いつまでも苦しいです。

自分を押し殺して無理をしたことで、心身ともに燃え尽きてしまう。

それは、生きる気力を失って、自殺する中高年やうつ病の増加が物語っています。

あなたは、このことを知って不愉快に思うかもしれない。

けれども、不愉快にこそ真実が隠されています。

まとめ

中高年が副業で失敗しないために知っておくべきことを私の体験を交えて紹介しました。

現在、日本は国民を低所得にして増税をしています。

外国人労働者も受け入れるのでこの先、賃金上昇の見込みもありません。

仕事もAIやロボットによって、今やっている仕事の大半が無くなるといわれています。

真面目でまっとうな生き方をしている人ほど損をする時代です。

この現状から打破するために、副業を始める人が増えています。

しかし、情報が氾濫しているので、何をすればよいか悩んでいる人も多いのが現状です。

新聞・テレビ・YouTubeで流れる情報の大半は競争意識を煽るものばかりです。

騙されないでください。

中高年には中高年にあった働き方があります。

こちらの記事で詳しく書きましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




自社商品のご紹介

Amazonにて電子書籍の販売を始めました。
よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です