スピリチュアルや自己啓発をバカにしてはいけない理由とは?




スピリチュアルや自己啓発を否定する人は世の中に一定数います。

例えば「スピリチュアルにハマるのは知性が低い情弱だ。自己啓発本を買いあさるのはお花畑状態のバカがする行為」といった感じです。

この理由として考えかれるのが、世間で認知されている起業家や経営者が話している影響が大きい。

その情報をそのまま鵜呑みにしてしまい、自分が情強強者と思い込んで、ブログやYouTubeに情報配信しているのが現状です。

ただ、仕事のグチを飲み屋でくだを巻くだけのサラリーマンには言われたくないですね。

人それぞれ、生活環境や価値観も違うので、一概に決めつけるのはどうかと思う。

起業家や経営者のようなビジネスセンスがない一般のサラリーマンにとって、スピリチュアルや自己啓発本の学びから、初めてスタートラインに立つことができると感じます。

なんで、スピリチュアルや自己啓発をバカにしてはいけないのか。

主観的になりますが、私の意見を紹介していきます。

スポンサーリンク

スピリチュアルや自己啓発を否定する人たちの特徴

スピリチュアルや自己啓発を否定する人たちは、受け入れている人たちが滑稽に見えるんでしょうね。

だから、弱者の悲しみや辛さがわからない。

私を含め、中高年で生活に困窮している人たちは、残念ながら才能やセンスはないです。

なので、スピリチュアルや自己啓発を否定する彼らとでは、根本的に違います。

これをわかりやすく『機動戦士ガンダム』を用いて、説明していきます。

彼らは、持って生まれた類まれな才能と洞察力を駆使して、一瞬のひらめきによって富を構築した。

例えば、10段階のレベルで捉えれば、レベル1の勉強をするだけで、レベル5まで推測することができ、レベル10の内容をそつなくこなすことができる人材。

これが才能のある人のイメージ。

つまり、スタート地点からすでに、この状態にいるわけです。

ビジネスにおけるニュータイプ。彼らはアムロやシャアと当てはめれば納得できると思う。

アムロは最初マニュアルをパラパラと見ただけで、いきなりガンダムを操縦してザクを倒します。

戦闘を重ねていく内に覚醒し、シャアとタメを張れるまでに成長しました。
才能がある人の典型的な特徴といえます。

スピリチュアルや自己啓発をわかり合うことは難しい

私たちのような凡人は、試行錯誤を繰り返します。そうした中で、テクニックやノウハウも当然重要になってくる。

でも、上手くいかない時はやる気も失せて、心が折れてしまうもの。

それでも、様々な事情を抱えて生きているので、やらなければならない。

サラリーマンを続けるでもいいし、ネットビジネスを取り組むのでもいい。

色んな選択肢があります。

やはり、普通の人たちにとって、成功までの道のりは遠い。

その時に必要になってくるのが、スピリチュアルや自己啓発本です。

アムロが劇中で「その程度の腕で、戦場に出てくるから」と言います。ジオンの兵士は通常ザクを操縦できるまで、士官学校で訓練を受け、戦場に出ています。

ニュータイプのアムロにはそのことが理解できない。

だから、スピリチュアルや自己啓発を批判する人とは、根本的にわかり合うことができないわけです。

スピリチュアルや自己啓発を学ぶ重要性

老後に2,000万円必要とか終身雇用の崩壊といったニュースが流れたことによって、今、副業や起業をすることが注目をされています。

その中で、支流となっているのがフリーランスという働き方。

エンジニア、プログラマー、Webデザイナー、イラストレーター、パソコン入力作業といったスキルを活かしてクラウドワークスやランサーズといったフリーランスの仕事を請け負うサイトに登録。

上記で上げた職種を経験してきた人であればわかると思いますが、新卒で会社に入り、30歳手前で仕事の割には給料が低いという現実を突きつけられます。

自分でスキルがあることから、会社を通さずに仕事を請け負えば儲かると思い独立するパターンが多い。

私もDTPやExcelのVBAを使った仕事をしてきたので、会社を辞めても自宅で同じことをすればいいと考えていました。

しかし、現実はそう甘くはありません。

まず、成功する人が少なく、多くの人は自滅していきます。

フリーランスの人たちが廃業する理由として、従業員のマインドのままビジネスを始めてしまい、ただ、お金を稼ぐということに執着してしまったからです。

そこで、スピリチュアルや自己啓発の考えが重要になってきます。

自滅する人は、スピリチュアルや自己啓発をバカにして受け入れません。

お金とは、先に価値を与え、その対価としての感謝を数値化したものだからです。

そのため、いくらお金を引き寄せようとしても、お金は寄ってこないんですよね。

これは紛れもない事実ですし、自然の摂理であって宇宙の法則です。

一見すると遠回りに思うかもしれないけど、人に感謝される人間になることが最も大事。

すべてにおいて、感謝の気持ちがなければ、たとえ稼げたとしても長くは続きません。

多くの人が自滅しているので、スピリチュアルや自己啓発が重要であることはよくわかると思う。

まとめ

スピリチュアルや自己啓発をバカにしてはいけないことを私の主観で紹介しました。

今、世の中は、子供から高齢者までストレスが蔓延しています。

そこで、大事になってくるのが心の在り方です。

スピリチュアルや自己啓発による目には見えない強運な力を信仰する考えは古来からありました。

つまり、原点に立ちかえり積極的に取り入れたほうがいいということです。

内なるエネルギーが、お金・健康・人間関係と影響を与え、好転すると感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です