就職氷河期世代が地獄をみないために今すべきこととは?




『働き方改革』によって、政府が副業を推奨することになり、以前よりも副業に対する考えも変わってきていると感じています。

仕事で頑張った分だけ評価され、昇給して定年まで働く。

終身雇用が完全に崩壊され、退職金と年金によって老後を悠々自適に過ごすといった人生設計は、不可能である現実を叩きつけられました。

そこで、注目されているのが会社に縛られずに自分の力でお金を稼ぐことです。

例えば「youtuberになりましょう」や「プログラミングを覚えましょう」とか「せどり」「アフィリエイト」「株やFX」など鉄板のものまで情報が氾濫しています。

YouTubeでこれらを実践して、「月収100万円稼ぎました」などと言っている若者を多く見かけると思います。

「簡単に稼げる」と言って、どれも聞こえはいいです。

初めから楽して稼げたら、これほどいいことはありませんよね。

みんな稼げてハッピーです。

しかし、このようなことが本当に実現できると思いますか。

「楽だと思って実践してみたら全然楽じゃなかった」

「昔は稼げたけど、規制が変わって稼げなくなってしまった」

「稼ぐどころかどんどん貯金が減っていき、借金を作ってしまった」

これが現実です。

これから私の体験を交えて、あなたに失敗してもらいたくないので真実を伝えていきます。

スポンサーリンク

なぜ、多くの人が副業で失敗をするのか?

取り立てて特別なスキルがない普通のサラリーマンが取り組む副業として支流なのが、せどりやアフィリエイトです。

せどりであれば、「商品を仕入れて、Amazonに出品するだけで稼げますよ」

アフィリエイトであれば、「広告を設置しておけばクリックされ、簡単に稼げますよ」

これらは、確かに聞こえがよく魅力的で心を動かされるかもしれません。

「なんか楽して稼げそう!」とか「これが一生続いたら不労所得だ!」といった夢のような世界が訪れることに期待は膨らみますよね。

私もこれらの甘い誘惑にハマりました。

実際はどうだったのか。

せどりはAmazonから嫌われ、ことごとく規制が変わり厳しくなっています。

アフィリエイトは、ブログの記事がアルゴリズムの更新によって変更がされれば収入が下がり、また1からやり直しです。

ほとんどの人が「ただ稼ぐ」ことにフォーカスをしていて、本質を見極めていないから続けることができません。

それで続かないと、今度は「モチベーションを上げる」といった間違った方向で努力をしてしまうから、自滅してしまうんです。

YouTubeで「自称コンサル」と言っているような連中が、「稼ぐことができないのは、努力が足りないから」と上から目線で言っています。

副業で興味にないことに集中して取り組むことができるのは、余程の根性の持ち主でなければ、このようなことはできません。

やりたくない仕事から家に帰ってきて、また、面倒くさい副業をやることが如何に精神的に苦痛であるかが、彼らには理解ができていない。

中高年の私たちには、拷問です。

人生経験の浅い子どもの戯言を信じると地獄を見ます。

副業でもお金をいただくということは、人に価値のある商品・サービスを提供し、その対価としてお金を得ることです。

徳を積む。つまり「人助け」です。

これが理解できないと、どんなにテクニックを学んだとしても成果が得られないんです。

「楽して簡単に稼げたらいいなぁ〜」では、人に貢献することができないことがよくわかるかと思います。

人は簡単に変わることができない

頭ではわかっていても、中々上手くいかないのが人間です。

先日、あるテレビ番組で某外食チェーン店を取り上げたところ、それがブラックだと話題になりました。

私も見ていましたが、確かに今まではブラックだったけど、脱ブラックの努力はしている様に感じました。

その社長は現場を熟知している叩き上げで、ブラック企業特有の根性論でのし上がってきた典型的な人です。

そのような状況から『働き方改革』によって、脱ブラックをするというのは本当に大変だと思う。

社長にとっては、今までのやり方が成功体験なんですから。

潜在意識に刷り込まれたものを、いきなり変えるのは難しい。

現状を変えたくても変えられない、変えたくないのに変わらねばならない。

終身雇用が崩壊した現在、就職氷河期世代の私たちは国や会社に依存せず、「自分の身は自分で守る」といった独りで稼ぐスキルが求められています。

「SEOって何….?」「プログラミングなんてわからない」「YouTubeで顔出しなんて無理」と戸惑っている中、ヘラヘラした連中の「稼いだ自慢」に怒りを感じ、何もできない自分に愕然としてしまう。

そうした現実に直面し、戸惑い葛藤しながらあなたも生きているはずです。

人間は面白いもので、焦れば焦るほど全く上手くいかないようにできています。

ただ、時間だけが刻々と過ぎていく・・・

「どうにかしなきゃいけない」と悩んでいる時は、大抵心が弱っているものです。

そうすると、「楽をして簡単に稼げる」といった詐欺まがいのものにお金を使ってしまいます。

私自身が身をもって体験しました。

「簡単に稼げる」と信じて、30万円の高額塾に入ってみたものの、途中で心が折れてしまいました。

その塾では、季節のイベント記事を量産して、広告料を稼ぐといった手法を教えていました。

例えば、花火やクリスマスツリーといったイベントをランキング形式で紹介するといったものです。

興味のない記事を書くことが次第に苦痛となり、全く稼ぐことができない状況でしたので、失ったお金と時間を考えて、うつ状態になってしまいました。

この文章を読んでいるあなたには、このような遠回りをせず、無駄にお金を使うことなく、正しい情報を掴んで貰いたいと思っています。

安心してください。

マインドを整える

独りで副業に取り組むとなると、「今やっていることが間違っていないか」と疑問に感じても相談する人がいません。

私もそうでしたが、孤独の辛さに耐えきれずに病んでしまう人が多いです。

そこで必要になってくるのが、独りで稼ぐマインドセットです。

私は高額塾で失敗して、一歩前に踏み出すことが怖くなっていました。

そんな八方塞がりの状況から救ってくれたのがこちらです。

マインドチェンジプログラム

物事には順序というものがあります。

この順序を無視して行うと、必ず失敗をします。

私の失敗が良い例です。

外食チェーンの社長のように、凝り固まった思考を変えるのが容易でないことがよくわかると思います。

『マインドチェンジプログラム』で得たもの
  1. 自分を受け入れることができた
  2. 競争意識がなくなった
  3. 全ての出来事に感謝が芽生えた

これらを得ることによって、ストレスが軽減し心が穏やかになりました。

そうしますと、心に余裕が生まれ、今まで目に見えなかったことに気づくことができるようになり、周りの環境も変わりました。

何気ない日常を過ごせることに、幸せを実感しています。

このリラックスした状態は、独りでネットを使って仕事をするには必須です。

しかし、得るものがあれば失うものもあります。

それは、孤独になるということです。

覚醒すると世間一般の人たちとは、価値観が合わなくなります。

例えば、2019年はラグビーが盛り上がりましたが、私は全く興味が湧きませんでした。

ラグビーは「みんなで協力して、困難に打ち勝つ」といったサラリーマンに向けたコンテンツだからです。

自宅でネットを使って独りで稼ぐ場合、このような考えは邪魔です。

あなたは、彼らを応援したところで、生活がよくなりましたか?

よくならないですよね。

消費税も10%になり、年金も70歳に引き上げられようとしています。

今この瞬間に決断をしなければ、現状維持どころか敗退していくだけです。

縁もゆかりもない赤の他人を応援するのではなく、自分に応援しませんか。

なぜ、競争意識を捨てなければいけないのか?

他人と比較して競争をしている内は、いつまでも苦しいです。

人に勝つことが他人よりも優れているのでしょうか。

「競争で打ち負かしたその先に、明るい未来が待っている」と私たちは学校やメディアによって思い込まされてきました。

実際はどうなっているのか。

自分を押し殺して無理をしたことで、心身ともに燃え尽きてしまう。

それは、生きる気力を失って、自殺する中高年やうつ病の増加が物語っています。

競争意識を捨てなければ、幸せになれません。

なぜなら、そこには、道徳心がないからです。

あなたは、競争に敗れた人が悲しんでいたり、落ち込んだりしている人の姿を見て楽しいですか?

これは「シャーデンフロイデ」と言う心理が働いていて、他人と自分を比較して優越感を感じる心理状態のことをいいます。

世の中には作用反作用の効果もあり、この傾向が強くなると自分にも返ってきます。

人に喜ぶことや助けになることをすると時間差で明るい未来がやってきます。

そこで、小さな幸せを得る。

だから、「目の前にいる人の幸せを喜ぶような人になろうよ」ということです。

例えば、公共の図書館や、ショッピングセンターのフードコートで「座ったイスを、もとの位置に戻して席を離れよう」とか「係の人も大変だから、自分も見えるゴミは拾ってあげよう」といったものです。

今の日本では、多くの人が心に余裕がないので、このような「気遣い」ができないでいる。

道徳がある人とは、「誰に言われるまでもなく、また、命令されるわけでもない、自分の心の中にある良心で物事を自分で決めて行動ができる人です。

一方で道徳がない人とは、ネットにはびこる「法に触れなければ、何をやってもいい」と実績がないのに「稼いだ自慢」をして集客し、高額塾に誘導する連中です。

道徳とは人に命令されてするものではなく、自らが率先しなければいけない。

そして、その集大成が「徳を積む」ことになるわけです。

自分が日本に生まれたことや、国土、自然、すべてのことに神を意識することではじめて「自分はこの宇宙視点で見ればとても小さくはかない存在だ」と自覚します。

そうなると「身の回りのあらゆるものに、愛を感じ、大事にしよう」と感謝が芽生えます。

道端に咲いている名も知れぬ花に「植物の喜怒哀楽」を感じるようになる。

そして、動物や虫や魚、あらゆる生き物に「親しみ」を感じるようになる。

それが、破壊され踏みつぶされて、粗末に扱われている光景を目にするたびに、悲しみを感じるようになります。

腐敗しきった世の中で、独りで稼ぐためには、このマインドが必須です。

でも、これは頭でわかっているだけではダメなんです。

人は忘れる生き物なので、繰り返し潜在意識に落とし込む必要があります。

その為には「愛」をもっている人から、教わらなければなりません。

人が成長するには、愛情が必要だからです。

大した実績がない自称コンサルが言う「稼ぐが勝ちだ!とにかく頑張れ・気合いだ!」を信じると失敗することがよくわかると思います。

世間のほとんどが、目先の利益を追いかけて、本質を学びません。

これこそ私があなたに『マインドチェンジプログラム』を紹介している理由です。

まとめ

私たちは物心ついた時から競争をさせられてきました。

特に団塊ジュニアは人数が多いので、高校・大学と進学するのに苦労しました。

ようやく社会人になって落ち着けると思ったら、バブル経済が崩壊して就職難となり、正社員になることができずに苦渋を舐めた人も多いです。

辛うじて正社員になった人も、デフレで給料が上がらず45歳早期退職とはしごをはずされ、挙句の果てには70歳まで働けという始末。

そんな私たちを『ロスジェネ世代』というように、多くのことを得られずに歳を重ねてしまいました。

あなたは一生このままでいいんですか?

私は嫌です。

でも、世間ではそんな私たちに対して、「ガマンして頑張っていれば、努力は必ず報われる」といいます。

これは嘘です。

ただ、やみくもに頑張っても報われることはありません。

例えば、小学生の男の子が冬でも寒いのをガマンして半袖半ズボンで登校しても、無知な先生に褒められるだけといった無駄な努力に終わってしまいます。

では、どうすればよいのか。

それが令和の時代に合わせた独りで稼ぐというマインドセットを学ぶことなんです。

でも、購入にためらう気持ちもよくわかります。

私はアフェリエイトの失敗から、「まだ、教材を手にするのは早い」と自分で勝手に決めつけて、自己投資に躊躇していました。

けれども、そんな悠長なことを考えている状況ではありませんでしたので、ビビりながら購入をしました。

その結果、マインドが整ったことによって、アフェリエイトで報酬が得ることができました。

このことが何よりも嬉しかった。

「自分を信じて諦めないで継続してきてよかった」と、心から思えた瞬間でもありました。

40代になると、人生の酸いも甘いも経験してきているので、ただ真面目なだけでは幸せになれないことはあなたも感じていると思う。

その為には、ある程度のずる賢さが必要です。

人より優位に立つには、情報を得ることです。

あなたにも、これから訪れる危機的状況から、心が押しつぶされないために、学んでもらいたいです。
マインドチェンジプログラム

スポンサーリンク
スポンサーリンク




自社商品のご紹介

Amazonにて電子書籍の販売を始めました。
よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です