『社内ニート』のままでいると病んでしまいます




『社内ニート』って言葉を聞いて、まさにかつての自分を言っていると思いました。

会社にいながら仕事がない状態。

要は社内失業ということです。

結構エグイですよね。

余りにストレート過ぎるので、グサッと胸に突き刺さるような感じを受けました。

東日本大震災があった2011年に内閣府が調査したところ、全国で働いている人の割合で8.5%、465万人に該当する人が社内失業の状態であるという結果が出ました。

この社内ニートの定義は、2つに分類されます。

会社の業務に対応できず、能力不足と判定され、仕事が与えられない人。

会社の売上が低迷したことによって、仕事量が大幅に減少し、暇を待て余している人。

私は両方のパターンを経験しているので断言しますが、自分がこの状態であると認識しているのであれば、速やかに次の行動に移すことが賢明です。

何が言いたいのかというと、どうあがいても今のままでは、未来がないということです。

私の実体験から、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

社内ニートの実体験

暇を待て余している場合

私の仕事は、売上・仕入の管理及び月次決算の資料作成といったバックオフィスでした。

売上が安定な時期は、日々の流れがテンプレート化しているので、繁忙期と閑散期がわかることから、仕事の調整をしていました。

売上が落ちていくと、当然事務作業が減ります。

1日掛かっていたいた仕事が半日も掛からずに終わってしまう。

最初は仕事をしているフリをして時間を調整しますが、毎日続くとなるとやることがなくなります。

周りの雰囲気も活気がなくなり、無気力状態になってきました。

仕事は楽なんだけど、湧き上がる虚しさ。

このままいけば、いずれ会社はつぶれる。

わかっていても、とりあえず会社にいれば給料が貰えるので、行動に移せない。

そんな葛藤を繰り返すうちに、関連会社に転属の辞令を受けます。

仕事が与えられない場合

転属先は、これまでの環境とは180度変わり、営業がメインとあって、体育会系の社風。

昭和的価値観が健在しており、パソコンが普及しているのに、あえて手作業を良しとしていることに抵抗を感じます。

とにかく簡単な仕事もすべて手作業であることから、効率が悪いので時間が掛かってしまう。

なので、人手が必要なのですが、時代にそぐわないやり方なことから、やる気を失くしてしまいます。

当然やる気がないので、ミスを犯します。

上司に叱責をされ、更にやる気をなくすといった負のスパイラルに陥ります。

誰にでもできる簡単な仕事も出来ない状況になってしまい、次第に自分の仕事が無くなっていきます。

毎日、やる仕事を上司に伺い、仕事がない場合は待機状態。

ただ、時間が過ぎるのを待つばかり。

これが毎日続くのは地獄です

図太い神経の人であれば、「楽して金が貰えるからいい」と割り切れると思うけど、普通の神経であればまず無理でしょうね。

心を許せる同僚も皆無で、自分が空気のような存在。

このまま続けていたら間違いなく、病気になります。

社内ニートであることを現実を受け入れる

「暇を持て余している」、「仕事が与えられない」という状況は自己責任であるのは確かです。

会社がつぶれるまでしがみつくのか、精神が病んでしまって退職するのか

どちらの場合も、自分に向き合わなければ未来はないです。

現実を受け入れることが出来ずに、逃げる気持ちはよくわかります。

しかし、起きてしまった後、行動に移すのは容易ではないんです。

私は20代の時に、会社が倒産した経験があります。

会社が倒産するというのは、自分で会社を辞めるのとは訳が違います。

いくら倒産する兆候がわかっていても、いざそうなると、気持ちの整理が中々できないんです。

人にもよると思いますが、私は落ち着くまでには2ケ月かかりました。

今までの生活リズムが変わるので、中高年で体験した場合、精神的なショックは計り知れない。

精神が病んでしまった場合も同じで、元の状態に戻るのに時間を要します。

したがって、『社内ニート』であると自覚しているのであれば、速めに行動した方が良いということです。

新しい働き方を考える

サラリーマンの日常といえば、朝6時に起床して満員電車に揺られ、代わり映えのない業務をこなす。

この繰り返しです。

私たちはこれまで、会社に就職して働くことが当たり前と刷り込まれてきました。

現在、アメリカでは3人に1人がフリーランス(個人事業主)であるという現実。

それに合わせて、サラリーマンの平均年収も30代を例にしてみると、10年前と比べて200万円も下がっています。

このまま会社に依存し続けても、給料が上がる見込みは厳しい。

現在は、インターネットで仕事が完結できるようになりました。

資料も電子化。会議もZoomを使えば場所を移動せずにその場でできます。

AIが人の仕事を奪っていく。

これまで常識とされてきたものが崩壊し、今はまさに時代の転換期にきています。

そのような状況なのに、ガマンして職場にいる意味が果たしてあるのか?

中小企業は10年以内に90%の確率で倒産するといわれています。

大企業も大量のリストラをしているのが現状です。

どちらの状況でも、リスクがともないますよね。

一度会社に就職したら、定年まで雇用が守られるということは難しくなりました。

つまり、会社に依存していてはダメということです。

だから、あなたに新しい考えを持ってほしい。

自分を受け入れることが大事

新しい働き方をするにあたり、これまでの価値観をぶち壊す必要があります。

ダーウィンの名言にもありますように、生き残るためには、変化に対応できることが必要です。

そのためには、まず、自分を受け入れることです。

自分を受け入れることを放置して、現状のままでいると、あなたの人生は大きな損失となります。

なぜなら、環境を変えても、手を変え品を替えて、あなたの目の前に面倒な出来事が起こり損な役回りをいつまでも取ることになってしまうからです。

つまり、本質を理解しないと死ぬまで問題を抱えた状態なんです。

真面目なあなたは、人一倍努力しているのに、バカにされたり、怒られたりといった経験から自信が持てないでいる。

この生きづらさの根本的な原因はアダルトチルドレンだからです。

アダルトチルドレンとは、家族の中で受けた影響が大きく左右しています。

例えば、親が子どもに過度な期待をよせていたので、良い子を演じていたとか、両親の仲が悪くケンカが絶えないので無理して明るく振舞っていたなどです。

私の場合は、一人っ子で子供の頃、病弱であったことから親の過干渉によって、何でも自分の意志で判断することができない依存体質になっていました。

自分の意見が通らないのは、自由ではないという意味では同じですからね。

これが認知のゆがみです。

自分では気づくことができない。

だから、苦しいんです。

自分を受け入れて、人生を変えたい人は、こちらのサイトを見ることをおススメします。

まとめ

私の実体験を交えて紹介致しました。

正社員を解雇するには、後々面倒になることから、あえて仕事を与えず放置するのが一番効果があると気付いている企業も多いと感じる。

会社に行って仕事がない程、辛いものはないです。

周りから見放された疎外感。

苦痛と屈辱と絶望感。

これは味わったことがなければわかりません。

そんな状況でガマンして仕事を続けていても、良いことは何もありません。

会社にとっても不利益ですし、自分も精神を病んでしまっては本末転倒です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • そうなんだけど、実際能力も無いから転職も厳しいんだよね。
    どうにかした方が良いのはわかってるけど…。
    もうどうしようもないから、
    「おはようございまーす。」
    「お疲れ様でしたー」
    の二語を磨くしか…。

    • コメント有難うございます。
      お気持ちよくわかります。
      私の場合、このまま会社にいたら病んでしまうと思い、逃げるように辞めました。
      副業からでも何か取り組まれてみてはどうでしょうか。
      2025年に向けて、半分近くの中小企業が倒産するといわれているので、準備をしておいた方がいいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です