MCU版スパイダーマンの特徴を考察してみました!!




ネタバレ含みますので、ご注意ください。

今回のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版は、スパイダーマンの目が動いたり、ウェブシューターを自由自在に使って操作する感じやヒーローなのにどこかおっちょこちょいな所も、人情味があって私は好きです。

まだ完成されていない未熟なヒーローの成長物語として、恋愛要素も織り交ぜながら、とてもうまくまとまっていると思う。

これまでの『スパイダーマン』シリーズの根底にあった陰の部分がなく、ダークなイメージは微塵もない。

自分の能力を活かして、活躍することを目指す少年の姿が描かれている。

そんなピーターを陰ながら支えるのがアイアンマンのトニー・スターク。

自己中心的で、人に指導をすることが不向きな彼にあえて、その役回りをさせるアイデアはとてもうまいですね。

原作が本来持っている「ピーターパーカー」を見たいのなら、MCU版の『スパイダーマン』がおススメです。

スポンサーリンク

なぜ、アメイジング・スパイダーマンは3はやらなかったのか?

MCU版の『ホームカミング』を観て、初見の人はまず、なんでアメイジング・スパイダーマンは3をやらずにいきなり、『ホームカミング』なのかと疑問に思うはず。

結論からいいますと、アメイジング版は『スパイダーマン2』で制作が打ち切りとなり、それ以降のストーリーは描かれることはない状況です。

これにはちょっと複雑な大人の事情が絡んできます。

ソニーは『アメイジング・スパイダーマン3』を2016年6月10日公開予定とすでに発表しており、企画は『アメイジング・スパイダーマン4』まで進んでいました。

主演のアンドリュー・ガーフィールドと監督のマーク・ウェブも3作目の契約を交わしていたので、間違いなく制作されるはずだった。

しかし、『アメイジング・スパイダーマン2』の公開がされてみると、全世界の興行収入が7億90万ドルと決して悲観するような数字ではないのですが、アメリカ国内の興行収入が2億285万ドルと手応えがなかった。

そこで、ソニーが当初目論んでいた数字に達していないことから、採算が合わないと判断してシリーズの継続を中止しました。

その後、『スパイダーマン』の制作権利をめぐってソニーとマーベルが協議した結果、スパイダーマンがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に参加することが決まりました。

でも、スパイダーマンの映画化権は依然としてソニーが持っており、あくまでもMCUに貸し出すという形となっています。

そのため『アメイジング・スパイダーマン』シリーズとは、一切関係のない新たなスパイダーマンとして誕生させたわけです。

また、スパイダーマンというのは「悩める若者を代弁したヒーロー」という位置づけがあります。

アンドリュー・ガーフィールドは『アメイジング・スパイダーマン2』の時点で31歳と大学生を演じ続けるには難しく、アベンジャーズシリーズに絡んでいくと更に年齢を重ね、スパイダーマンの世界観が崩れると判断され、主役を交代したと言われています。

MCU版におけるスパイダーマンとは?

念願がかなって、MCUに加入したスパイダーマン。

これまでのシリーズと違い、良くも悪くもスパイダーマンになる過程は描かれていません。

スパイダーマンを知っていれば、特に気にすることなく観ることは可能だけど、まったくわかっていない状況だと、違和感を感じるかもしれません。

極端なはなし、スパイダーマンが糸出す以外は、クモによって得た特殊能力だと知っていればOKです。

『ホームカミング』におけるMCUの時系列は、『シビルウォー』でピーターがスパイダーマンとして活動していたところをYouTubeでトニー(アイアンマン)がみつけて、アベンジャーズに参加させた後の話になります。

まだ精神的に幼さがあり、危ういところからトニーの監視のもとによって、成長していく物語です。

正直いって、3度目のスパイダーマンなので、ダレるかと心配したけど、全体的に明るい雰囲気で、新しいスパイダーマンとして受け入れることができた。

個人的には、ピンでやるとどうしても、マンネリに陥ってしまうので、アベンジャーズの話と絡めたことは正解だった。

マーベル色が強すぎるといった批判的な意見もあって、好き嫌いがハッキリと分かれているが、自分は高評価とさせていただきます。

スポンサーリンク

スパイダーマンの糸は元々ウェブシューターであった

原作のコミックではもともと、スパイダーマンの糸はウェブシューターでした。

2002年に制作された「スパイダーマン」で監督を務めたサム・ライミが、「高校生が実際にウェブシューターのような高等技術を開発することは難しい」という判断から、遺伝子によって手首から糸が出る設定に変更したとのこと。

コミックスでも、映画と同じく、体内から糸が出る設定を2005年に取り入れましたが、2008年には、また、ウェブシューターで糸を出す設定に戻っています。

『アメイジング・スパイダーマン』では、原作と同じウェブシューターになっていますね。

『キャプテンアメリカ・シビルウォー』から、アベンジャーズのメンバーに加わって、新たなスパイダーマンとして、主役もアンドリュー・ガーフィールドからトム・ホランドに交代し仕切り直しをしました。

『ホームカミング』の本編で、スパイダーマンの誕生についての細かい説明はあえてしていない。

ピーターが偶然スパイダーマンの正体が友人にバレてしまい、クモに噛まれたことで能力を得たと説明しているだけです。

スパイダーマンになるまでの経緯は、すでに知っているという前提で作られている映画なので、過去のシリーズのように作中での直接描写がないというだけです。

スパイダーマンスーツが男心をくすぐる

装い新たとなったMCU版『スパイダーマン』の見どころの1つに、トニー・スタークからもらったスパイダーマンスーツです。

アイアンマンのパワードスーツと同じく、AIシステムが搭載されている。

アイアンマンのパワードスーツよりも機能が優れていて、何あれ?凄すぎって感じで興奮しました。

例えば、胸に付いているクモが追跡機能を果たしたり、記憶が履歴されてデータとなっていたりと男心をくすぐりワクワクします。

今回のスーツはどちらかというとメカに準ずる色合いが強いが、過去のデザインからずれないよう考えられているのが好感が持てる。

特にウェブシューターを放つブレスレットは、東映版のスパイダーマンを彷彿とさせ感激。

ヒーローの成長ドラマ

『スパイダーマン』の映画はこれまで6作制作されてきて、その中で基本設定が確立されている。

いい意味で少し踏み外したのが、MCU版のスパイダーマンです。

他の作品と比較すると、カッコいいアクションは少し抑えた感じ。

まず、今回のピーターは幼く無鉄砲で、すぐ感情的になりやすい。

そのため、後先を考えずに暴走してしまい、スタークにスーツを取り上げられてしまう。

彼なりに、もがき苦しんで葛藤し、スーツに頼らずに、自分の力でやることの重要性に気づく。

ピーターが困難に立ち向かい乗り越えていく姿は、ヒーローとしての成長が上手く作用しており、これがこの映画のテーマだと思う。

この青臭く感じるところが、親近感がわいて、感情移入できる部分でもあります。

何の苦労もなく、簡単に力を手に入れてしまうと人は「ダメになってしまう!」ということ。

さりげなく、人間の本来あるべき姿を示していて、勇気を貰いました。

まとめ

これまでの『スパイダーマン』は、変身する主人公の人間味と、現実社会をモチーフにしているリアルさが『スパイダーマン』にはあるのかなと思っています。

本来のスパイダーマンというキャラは、身近な存在で、ローカル的な雰囲気のあるヒーローとして、マーベルの原作コミックスでは描かれていた。

主人公のピーターは、ある日突然、蜘蛛に噛まれ能力を身につける。

まだ少年なので、恋の悩みなどと同時に、偶然に大いなる力を手に入れたことによって、責任が伴うという、責務を独りで背負い、常に孤独で、もがき苦しみ葛藤するといった悩めるヒーロー。

戦闘シーンにおいても、悪党を倒す為とは言え、後先を考えずに周囲を破壊して、巻き添えを食らって死ぬ人も出るだろうと懸念される。

そもそも、そんな破壊行為をするスーパーヒーローって、本当に必要なのか?

または、悪党と同じように、市民を脅かす危険な存在なんじゃないか?

いくら正義の味方だと言っていても、人間離れした能力を持つ人物が、自由に飛び回っているなんてことは、冷静に考えて、かなりヤバいだろ?って考え方です。

ストーリーにリアリティを持たせる為に、マーベルヒーロー物に共通したテーマなので、これまでの制作された『スパイダーマン』とは違っています。

そのことから、好き嫌いがハッキリとわかれるけど、私は好きですね。

『スパイダーマン:ホームカミング』が観れる動画配信サービス

毎日忙しい生活の中で、動画配信サービスには興味あるんだけど、テレビやYouTubで楽しむことができるので、映画を見る為にわざわざ毎月お金を払うのはもったいないと躊躇してしまうのは普通であり当然です。

私も同じく、動画配信サービスを申し込むのに躊躇した経験があるのでよくわかります。

私たちは「無駄遣いをするな!」と教育を受けてきました。

「余計なものをすぐに買ってしまう」という理由から、お年玉はすぐに取り上げられましたよね。

『無駄遣い=悪いこと』という刷り込みから、どうしてもお金を使うことに躊躇してしまう。

終身雇用の崩壊や消費税が10%と、この先のことを考えると不安になり、無駄な出費は抑えなければいけない。

確かにその通りです。

もちろん、無駄遣いはしないほうがいいのですが、この無駄遣いの定義を多くの人が間違った解釈をしているんです。

世間一般が思っている無駄遣いを積極的に行う人だけが、人生をストレスなく健康で過ごしています。

人それぞれ価値観が違います。

自分の心が癒せるものにお金を支払う事で、それがモチベーションとなって仕事に活かすことができます。

つまり、興味があることに出費を抑えてガマンしていては、ストレスが溜まるだけでむしろ悪循環です。

結局のところ、自分の直感を信じて素直に従うということが大事。

心が満たされている人は、生活に余裕が生まれ、普段から笑顔を絶やさずにいるので、幸せを引き寄せます。

充実した毎日をあなたに送ってもらいたいです。

『スパイダーマン:ホームカミング』が観れる動画配信サービスを表にしてまとめましたので、参考にしてみてください。
動画配信サービスには興味があるんだけど、どれも似通っている。

いざ申し込もうとしても、付加価値がわかりづらいので、自分でわざわざ調べるのも面倒。

他にもやることがあることから、どうしても後回しになってしまう。

私も動画配信サービスを決めるにあたり、色々調べるのが面倒で、放置していた経験があるのでよくわかります。

映画好きなあたたであれば、配信本数が100,000本以上と競合他社と比較してもトップレベルであるU-NEXTを選択すればまず問題ないです。

そこで、まず気になる料金体系を表にまとめました。

月額 1,990円+税(毎月1200ポイント付与)
本数 120,000以上(約40,000本はレンタル)
形式 月額見放題+個別課金(レンタル)
お試し期間 31日

この表を見てまず思うのが、「毎月2,000円近くも払うのはもったいないなぁー」と感じるはず。

確かに、他の動画配信サービスと比べても高いです。

でも、その金額に見合うだけの付加価値を簡単に紹介しますね。

新作映画が早く見れる

基本料金が、他社と比べて高いことは一見弱点のように見えますが、他社の配信サービスでは観ることができない作品をいち早く観られるという強みは大きいですね。

毎月貰える1,200ポイントを使えば、新作が2本見ることができます。

クレジットカード以外の決済方法がある

動画配信を使ってみたいと思っている人の中で、ネットからクレジットカードの情報を登録することに不安を感じている人もいるはず。

個人情報の流出に関する事件が後を絶たないことから、自分の身に降りかかったら怖いですからね。

クレジットカード以外に『U-NEXTカード』と『U-NEXTギフトコード』を使った決済方法があります。

Amazonギフト券やiTunesカードと同じ形態でコンビニなどで販売されており、レジに持っていき購入するかたちです。

詳しくはレビューに書きましたので参考にして下さい。

毎月貰えるポイントを使い映画館で鑑賞ができる

毎月貰える1,200ポイントを使い、全国のAEONシネマ、松竹マルチプレックスシアターズ、ユナイテッド・シネマ、そしてオンラインからチケット予約ができるKINEZOと4つの場所にて使用可能。

映画館で利用すれば、ポイントを割引と捉えて使うこともできます。

また、ポイントを貯めればその分割引で映画を鑑賞できます。

映画館でポイントを使えるのは、頻繁に映画を観る人には、とても魅力だと思う。

映像は「フルHD」を採用して、クリアな画質

『フルHD』とは、フルハイビジョンの略。

簡単にいえば『HD(ハイビジョン)』よりきめ細かくなった美しい映像です。

U-NEXTの映像画質はフルHD(1080p)が標準なことから、非常にくっきりと鮮明でキレイ。

Blu-rayと同様の解像度(1080p)を配信していて、レンタルDVDと比べても高画質の映像を楽しむことができる

iPhoneを開発したAppleのCEOであったスティーブ・ジョブズも言っていますが、最も大切なのは、自分の心と直感に従うこと。

時間が過ぎるのは早いです。

自分の意志で、充実した毎日をあなたに送ってもらいたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です