動画数が充実しているU-NEXTについてのレビューをしてみた!!




動画配信サービスが数ある中でも、配信本数が100,000本以上と競合他社と比較してもトップレベル。

 

まずU-NEXTは、こんな人におすすめです

  • 作品を探すのが面倒
  • レンタルされる前に新作映画を早く観たい。
  • Blu-rayのような画質で鑑賞したい
  • クレジットカード以外で決済がしたい
  • ポイントが貰える
  • 外出先でも電波を気にせずに、スマホで動画を楽しみたい

 

U-NEXTの特徴をこれから実際に利用している私の体験を踏まえてくわしくご紹介していきます。

U-NEXTとは?

感想を紹介する前に、まず、U-NEXTというサービスについて、概要をかいつまんで、サクッと説明しますね。

 

まず、U-NEXTについての概要を表にしました。

月額 1,990円(毎月1200ポイント付与)
本数 120,000以上(約40,000本はレンタル)
形式 月額見放題+個別課金(レンタル)
ジャンル ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、音楽、アダルト
イチオシポイント 新作映画が何処よりも早く観ることができる

 

料金は月額1,990円(税抜)と競合他社と比べても高めの設定。

動画配信会社 月額料金(税抜)
Hulu 933円
dTV 500円
Amazonプライム 400円

会員になると毎月1,200円分のポイントを手にすることができます。

 

120,000本以上の動画を観ることができるのが、U-NEXTの最大の強み。

 

月額見放題と個別課金(レンタル)作品という構成に分かれていて、見放題はそのうちの80,000本位、残りの40,000本が個別課金(レンタル)とい内訳になっています。

 

ジャンルも映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、音楽、そしてアダルトといった多岐に渡って取り揃えている。

 

また、話題の新作映画を早い段階で鑑賞できるのもU-NEXTの大きな特徴。
更に、動画だけではなく雑誌が見放題なのも注目ですね。

メリット

作品のセレクトが選択しやすいように工夫がされている

数多い作品の中から見たい動画を探すということは、結構面倒くさい。

 

そんな顧客の声を反映したのが、似通ったジャンルの作品を「特集」という形で一括りされています。

 

各カテゴリに分類されたタイルも秀逸で興味をそそり、上手い演出です。

 

例えば『R50!オヤジたちの熱き戦い!!』という特集には、『キングスマン』で圧倒的な存在感を示したコリン・ファースや今だ現役バリバリのトム・クルーズの『アウトロー』といった俳優が出演している映画が並び、また旬の俳優にスポットを当てた作品が並ぶといった感じです。

特集される数は、色々とあり、様々な切り口で映画を選ぶ楽しさがあります。

新作映画が早く見れる

作品の数が競合他社と比較して、圧倒的に多いのは、最新作を有料で配信することで取扱い作品が多くなっています。

 

基本料金が、他社と比べて高いことは一見弱点のように見えますが、他社の配信サービスでは観ることができない作品をいち早く観られるという強みが大きいですね。

映像は「フルHD」を採用しており、クリアな画質

まず、『フルHD』とは、フルハイビジョンの略。
簡単にいえば『HD(ハイビジョン)』よりきめ細かくなった美しい映像です。

 

U-NEXTの映像画質はフルHD(1080p)が標準なことから、非常にくっきりと鮮明でキレイ。

 

Blu-rayと同様の解像度(1080p)を配信していて、レンタルDVDと比べても高画質の映像を楽しむことができる。

 

参考までに、それぞれの画面解像度の内訳は以下のとおりです。

種類 画面解像度
DVD 720×480ピクセル
ハイビジョン( HD) 1280×720ピクセル
フルハイビジョン(フルHD) 1920×1080ピクセル
Blu-ray  1920×1080ピクセル

表を見ると、『フルHD』が、高画質であることがわかると思います。
最高の画質を、パソコンから手軽に映画が堪能できることに感動。
もう、これに慣れてしまうのが怖いです。

クレジットカード以外の決済方法がある

動画配信を使ってみたいと思っている人の中で、ネットからクレジットカードの情報を登録することに不安を感じている人もいるはず。

 

個人情報の流出に関する事件が後を絶たないことから、自分の身に降りかかったら怖いですからね。

 

そんなあなたに朗報なのが、クレジットカード以外に『U-NEXTカード』と『U-NEXTギフトコード』を使った決済方法があります。

 

『U-NEXTカード』と『U-NEXTギフトコード』と聞いて、私も違いがわかりづらかった経緯があるので、わかりやすく説明します。

『U-NEXTカードとは?

まず、『U-NEXTカードは、U-NEXTのみのプリペイドカードとなります。

 

Amazonギフト券やiTunesカードと同じ形態で販売されており、レジに持っていき購入するかたちです。

 

チャージに必要な8桁の英数字が、カード裏面に記載されており、スクラッチで隠れている状態です。

価格 1,990円 3,000円
内容 31日間見放題+1080ポイント 3,000ポイント
見放題
レンタル・販売
雑誌読み放題
コミック・書籍

U-NEXTカードには、31日間1,080円のポイントが付与された1,990円のカードとペイ・パー・ビューやコミック等のレンタルまたは購入に使用することができる3,000円のポイントカードと2種類が用意されています。

ご注意ください
この部分が間違いやすいところなんですが、『ポイントカード』は、あくまでも有料の動画を視聴するためにポイントをチャージすることが目的なので、見放題となっている作品は視聴することはできません。

取扱店はこちらになります。↓ ↓ ↓

『U-NEXTギフトコード』とは?

次に『U-NEXTギフトコード』についてですが、カードタイプとしてでなく、コンビニ端末(マルチコピー機やLoppi)などから『U-NEXTギフトコード』のチケットを選択して払込票や受付票が出力されますので、レジにて精算するかたちです。

 

そして、購入したチケットから、チャージに必要な8桁の英数字を入力して使用します。

 

取扱店はこちらになります。↓ ↓ ↓

見放題ギフトコード

価格 980円 1,990円
内容 7日間見放題+540ポイント 31日間見放題+1,080円

 

ポイントギフトコード

価格 3,000円 5,000円
内容 3,000ポイント 5,000ポイント

用途に関しましては、『U-NEXTカード』と同様で、31日間1,080円のポイントが付与された1,990円のカードとペイ・パー・ビューやコミック等のレンタル・購入に使用することができる3,000円のポイントカードが用意されています。

 

他に7日間540円のポイントが付与された980円のカードと5,000円分のポイントカードがあります。

 

『U-NEXTカード』と『U-NEXTギフトコード』の違いは、上記で紹介した取扱店によって、名称が違うだけで用途は同じです。

毎月貰えるポイントを使い映画館で鑑賞ができる

毎月貰える1,200ポイントを使い、全国のAEONシネマ、松竹マルチプレックスシアターズ、ユナイテッド・シネマ、そしてオンラインからチケット予約ができるKINEZOと4つの場所にて使用可能。

 

映画館で利用すれば、ポイントを割引と捉えて使うこともできます。

 

また、ポイントを貯めればその分割引で映画を鑑賞できます。
映画館でポイントを使えるのは、頻繁に映画を観る人には、とても魅力だと思う。

動画がダウンロードできる

U-NEXTには、スマホやタブレットのアプリからダウンロードできる機能が用意されています。

 

自宅にいる時にWi-FIでダウンロードし、外出先で視聴が可能です。

 

外で視聴する場合、どうしても通話回線を使用するため、動画が停止してしまい、集中して観ることができないといったイライラ感がなくなります。

 

これはとても有難い機能ですね。

 

私は通勤電車に乗っている時に利用して、大変重宝しています。

 

iPhoneの場合ですと、『APP Store』から、U-NEXTのアプリをダウンロードします。
ちなみに、Androidの場合ですと、『Google Play』から同様にアプリをダウンロードします。

メイン画面が表示されましたら右上の虫眼鏡マークを押して、お好みの作品を入力すると、ダウンロードできる画面が表示されます。

 

ダウンロードが完了しますとこんな感じに表示されます。

ただ、欲張ってあれもこれもとダウンロードすると、動画の容量がおよそ1時間あたり420MBなので、スマホの容量を確認しつつダウンロードが必要。

デメリット

色々とメリットを紹介してきましたが、そんなU-NEXTにも唯一デメリットがあります。

基本料金が高い

U-NEXTは、競合他社と比較して、基本料金が割高になっています。

 

例えば、『dTV』や『Amazonプライム』だと、月額が500円以下で利用することができます。

動画配信会社 月額料金(税抜)
U-NEXT  1,990円(毎月1200ポイント付与)
Hulu 933円
dTV 500円
Amazonプライム 400円

 

でも、毎月付与される1,200ポイントを利用すれば、実質新作の映画が2本観ることができるので、ツタヤなどの店舗に行かなくてもいいし、競合他社のサービスと併用しなくてもいい。

 

U-NEXTだけで全て完結するので、わかりやすくとても快適です。
それなら、この値段は決して高くはないと感じました。

全ての作品が見放題ではない

私も勘違いをしてしまったのですが、全ての作品が無料で見られるわけではありません。

 

あくまでも、見放題となっている作品のみとなっています。

 

それでも、約80,000本と作品数が『Amazonプライム』約30,000本、『Hulu』約50,000本と比べて作品数が揃っているので満足しています。

まとめ

私の実体験を踏まえながら、U-NEXTに関する紹介をしました。

 

U-NEXTは、こんな人におすすめです

  • 作品を探すのが面倒
  • レンタルされる前に新作映画を早く観たい。
  • Blu-rayのような画質で鑑賞したい
  • クレジットカード以外で決済がしたい
  • ポイントが貰える
  • 外出先でも電波を気にせずに、スマホで動画を楽しみたい

 

U-NEXTは他社と比較しても、月額料金が確かに高目ですがそれを上回るメリットを感じました。

 

それはなんといっても、競合他社が最新作を配信していない中、U-NEXTだけが最新作を配信しているのはやはり最大のメリットです。

 

簡単に言うと、見放題の作品とレンタルの作品を同じサービス上で完結させることができるので、とてもラクだと思います。

 

人によってはデメリットに感じてしまう部分が大きいように思うかもしれないけど、31日間の無料お試し期間があって、申し込むと、600ポイントが付与されます。

 

このお試し期間を使って、まず自分に合っているかどうか検討してみてはどうですか。
フルHDの画質の美しさを是非、堪能してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




自社商品のご紹介

Amazonにて電子書籍の販売を始めました。
よろしくお願いします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です