映画『グレイテスト・ショーマン』ミュージカル苦手でも楽しめます




ネタバレ含みますのでご注意ください。
この『グレイテスト・ショーマン』 は、まさにエンターテイメントそのものの映画です。

 

決して社会的弱者を救うというのではなく、その痛みを歌い上げ、それでも生きていくパワフルさに感動した。

 

CG以外にも、ミニチュアの街並みや風景や建物を描かいた張り物の背景が絶妙な味が出ている。

 

そのような作品に向けたアイデアの数々が素晴らしいですね。
時代背景がどうだとか、ご都合主義でストーリーが薄っぺらいとか、ごちゃごちゃ細かいことを気にしてはいけない。

 

思考を柔らかくして、フニャフニャした状態で観るのがベスト。

 

だからこそ、権威ある批評家たちからの評価が、かんばしくないのは良く分かる。
それは、観る人に楽しんでもらいたいというベクトルを合わせているから。

 

本来映画は、理屈を抜きにして純粋に楽しめればいいので、とにかくつべこべ言わずに『グレイテスト・ショーマン』 を楽しもう!

 

そんな『グレイテスト・ショーマン』のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

予告動画はこちらになります。↓ ↓ ↓

P.T.バーナムは、しがない仕立て屋の息子として生まれる。

 

バーナムは、父の仕事をサポートするため、ある日富裕層にあたるお客さんの屋敷に足を運びます。

 

そこで、しつけ担当によってお茶のマナーを身につけている娘のチャリティ。
バーナムは、チャリティにふざけて見せ笑わせます。

 

そのことがキッカケで、2人は意気投合しやがて恋に落ちます。

 

しかし、生活水準の違いによって、2人を引き裂きけれど、手紙での連絡は続けていた。
しばらくすると、父を亡くしたバーナムは、盗みを続けてはその日暮らしの生活をしていました。

 

青年になったバーナム(ヒュー・ジャックマン)は貿易会社に就職。

 

定職に就けたことにより、ふたたびチャリティ(ミシェル・ウイリアムズ)の元を訪問しプロポーズをします。
こうして、良家の令嬢チャリティと結婚。

 

数年後、彼らのあいだに可愛い2人の娘に恵まれ、幸せな生活を送っていました。

 

ところが、会社の貿易船が水没したことによって、会社は倒産となり解雇されてしまう。
しかし、バーナムは水没した船の登録証を担保として、銀行から資金を調達。

 

世界各国の様々な変わったものを展示した博物館をオープンさせる。
だが、客足は思惑通りには上手くいかなかった。

 

そんなとき、バーナムは娘の言葉からヒントを得て、ショービジネスの世界へと軸を移します。

 

そんな感じで、小人症のトム、髭の濃い女性歌手レティ・ルッツ(キアラ・セトル)、空中ブランコが特技のアン・ウィーラー(ゼンデイヤ)など、多種多様な人々を集めます。

 

周囲は彼らの容姿をおっかなびっくりで見るものの、サーカスが始まるやいなやしばらくすると笑い顔となって拍手喝采に包まれるのです。

 

これを目にした批評家たちからは「詐欺師による低俗で品が無い」と酷評されるが、バーナムは、この酷評が記載された新聞を持参すればチケットは半額。

 

加えて『詐欺師』と記されたハットを自ら被って、サーカスに出演と、酷評を逆手にとって宣伝にしていくしたたかさを彼は兼ね備えていた。

 

こうして、サーカスは一躍人気となり、ビジネスは軌道に乗りだします。

 

バーナムは、一定の成功はしたものの、上流社会では所詮ぽっと出の自称成功者といった扱いしかされなかった。

 

そこで、自らの存在をアピールするために、ニューヨークの社交界へ進出します。

 

バーナムは、劇作家のフィリップ・カーライル(ザック・エフロン)と出会い、演出家としてヘッドハンティングする。

 

フィリップの分け前は、利益の10%。
バーナムから一方的に押し切られる感じで、嫌々ながら同意しました。

 

すぐさまバーナムは、フィリップの人脈を使い、英国ヴィクトリア女王とお目にかかることに成功します。

 

そこで、バーナムはスウェーデン出身の歌姫ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)の歌声を聴き、初めてのアメリカ公演を実施する手だてをとります。

 

見事ニューヨークでのジェニーの公演は、大成功を収め、バーナムは念願だった社交界からも高く評価される存在となり、更に願望を満たすために、のし上がっていきます。

 

しかし成功とは裏腹に、チャリティとの関係は、次第にすれ違いの状態になっていく。

 

また、サーカスの団員たちに対しても、態度が変わり、徐々にバーナムと距離が生じてきます。

 

ジェニーと一緒にコンサートツアーに参加したバーナムは、順調に実績と名声を手中にするものの、ジェニーのバーナムにおける思いに応えるわけにはいかず、ツアーの途中で家族の元へと戻ります。

 

しかし、家族と再会を果たしたその直後、なんと団員たちと揉めたお客が劇場に火をつけてしまう。

 

すぐに駆けつけたバーナムは、劇場の中にいるフィリップを助けるために自ら飛び込んで救出します。

 

火事によって、劇場を失ってしまう。

 

更にトドメを刺すように、ジェニーがコンサートツアーを降板。

 

それにより資金は底を尽き、バーナムは財産を失います。

 

住んでいた豪邸も差し押さえられ、ついにチャリティは娘たちを連れ実家へ帰ってしまいました。

 

バーナムは、全てのものを失くしてしまったショックから落ち込み、独り寂しくパブで酒を飲んでいたところ、サーカスの団員たちが現れ、もう一度サーカスをやろうと持ち掛ける。

 

そこでバーナムは、自分が何を目的に成功を望んでいたのかを思い出し、サーカスがバーナムと団員たちにとって、かけがえのないものとなっていることに改めて気づかされたのだった。

 

火事によって入院をしていたフィリップも、アンに支えられてやっと回復した。
バーナムは、愛想をつかして実家に帰ったチャリティと再び、関係を修復する。

 

バーナムはサーカス再建に向けて、銀行に融資を求め足を運ぶが、どこも相手にされず、力を落としてしまいました。

 

この窮地を救ったのはフィリップだった。
彼はショーで貰ったお金をずっと貯金をしてきて、再建の費用に役立ててほしいといい、使わせてもらうことにする。

 

バーナムは、新規で劇場を借りるとなると経費がかさむことから新たな発想を思いつきます。

 

それは、劇場に変わって、空いている土地を利用してテントを張り、『グレイテストショー』を行うこと。
これによって、再度、観客から拍手喝さいを与えたのでした。

スポンサーリンク

ミュージカルが苦手でも楽しめますよ

私もミュージカルは苦手なジャンルで、歌を聴いていると、眠くなったり、つまらなくなってしまうことが多いのですが、『グレイテスト・ショーマン』は違いましたね。

 

どの曲も聴きやすかったことが一番の理由かな。

 

冒頭ヒュー・ジャックマンの『The Greatest Show』でイッキに頭の中でアドレナリンが分泌されたような感覚になり、完全に作品の世界に引き込まれましたね。

 

パフォーマンスも凄くて、特にザック・エフロンとゼンデイヤの演技に見入ってしまいました。

 

ストーリーも途中で諦めた『ラ・ラ・ランド』に比べて分かりやすく楽しいし、歌もノリノリ系とバラード系の絶妙なバランスも見事で、全体的に歌がメインだけど、全く飽きることがなく堪能できた。

 

これで、私もミュージカルに関心を持ったってわけ。

 

でも、それとは裏腹に、今後似通ったミュージカル映画を観ても、結局はこの『グレイテスト・ショーマン』に戻ってきそうな感じがしますね。

 

これほどまでの作品には出会えなそうもないなと。
ミュージカルを観たことがないあなたも是非この機会に観てはどうですか。

音楽が最高!!

言葉の形容がし難いくらい、とにかく音楽がいい。
もう聴いていて、何よりも楽しい気分になれる。

 

楽曲を聴くたびに、『グレイテスト・ショーマン』の場面が鮮明に思い出され、作品の世界観にどっぷりとつかることが出来る。

 

どれも粒ぞろいの神曲だらけで、優劣を付けづらいんだけど、その中でも特に「Never Enough」が気に入っている。

 

もう本当に言葉にならない位美しい歌声に堪能します。
「Never Enough」の動画はこちらになります。 ↓ ↓

 

次は「This Is Me」。パワフルさと勇気が感じられ、聴くたびに奮い立ちます。
「This Is Me」の動画はこちらになります。↓ ↓

 

メインテーマの「The Greatest Show」の壮大さは別格、「A Million Dreams」は、心の中に染み込む程の優しい旋律に、涙が出ます。

 

「Come Alive 」もいいですね。踊りたくなるような軽快なノリのメロディーと、出演者たちによるキレのあるダンスと見事にマッチしていて素晴らしい。

 

ヒュー・ジャックマンが格好よすぎて鳥肌が立ちます。

 

そして、明るく楽しいくなれるのが「The Other Side」。
酒場で、ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンの掛け合いは、最高!

 

全体的にみて、とても耳に馴染みやすく、映像がなくても、音楽として鑑賞しても見劣りしない。

 

ただセリフに曲を乗せた類の歌でなく、各場面ごとに登場人物達の心情を汲み取った歌という感じかな。

 

そしてなんといっても、自分の人生と重ね合わせて、歌詞を聴くと色々な感情がこみ上げて涙が出てきます。

今ある幸せに感謝する

バーナムは興行師として成功を収めるが、上流社会からは、成り上がりとして見られ、なんとしても認めさせたいという思いから、人脈を使って英国ヴィクトリア女王と謁見する。

 

そこで、ジェニー・リンドの歌声に惚れ込み、アメリカで初めて公演を成功し、社交界からも評価されるようになる。

 

更に名声を得るために、家族やサーカスの団員たちを顧みず、突き進んでいく。

 

いつも外側ばかり気にするようになってしまい、どんどん卑屈になって、自分が見えなくなってしまう。

 

今の生活が充分みたされているというのに、それに気づかず、当たり前であると思っている。

 

ただ、その現実に気づいていない。

 

「健康であること」、「家族や恋人がいる」、「大事な仲間や友人がいること」に気づいて感謝することが大事。

 

幸せというのは、自分の気持ちの次第で、今すぐ感じることが出来る。
物欲主義に走ると、本当に大切なものが見えなくなる。

 

他人と比較して、自分に足りないものを追い求めている限り、永遠に幸せになることは出来ないと本作を観て思い知らされました。

まとめ

この『グレイテスト・ショーマン』は、ミュージカル映画が初めての方にすごくおすすめです。

 

歌やパフォーマンスはもちろんのこと、ストーリーがとてもシンプルでわかりやすい。

 

心をまっさらにして、ただ楽しむだけでいいのが一番の魅力かな。
簡単に言えば、ディズニーランドに来ている感覚。

 

『グレイテスト・ショーマン』を観て、ヒュー・ジャックマンって、歌が上手いなぁーと恥ずかしながら知った次第。

 

王道のアメリカンドリームなんだけど、それだけじゃないところが好きです。

 

この作品には、社会的に弱者の人たちが、自ら存在を主張して、胸を張って生きていく姿が下手な小細工を使わずにストレートに表現しているので、感情移入してこみ上げてくるものがあります。

 

何度でも観たくなる映画ですね。

<h2>『グレイテスト・ショーマン』が観れる動画配信サービス</h2>
『グレイテスト・ショーマン』が観れる動画配信サービスを表にしてまとめましたので、参考にしてみてください。

動画配信サービス 料金 お試し期間 公式サイト
Amazonプライム 325円(税込) 30日
U-NEXT 1,950円(税抜) 31日
dTV 500円(税抜) 31日
ビデオマーケット 500円~(税抜) 初月無料
ビデオパス 562円(税抜) 30日
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です