ロバート・デ・ニーロが好演した『マイ・インターン』の感想




ネタバレ含みますのでご注意ください。
本作の楽しみ方は、あまり深く考えずに気軽に楽しめることですね。

 

ストーリーも重くなく、アメリカだけではなく、今の世相を反映しているので、日本に置き換えても違和感なく観ることできます。

 

あらゆる場面に通用する知恵が、作品に詰まっていて、学びが多い。
例えば、男性がハンカチを携帯するのは、何故必要なのか?

 

女性の涙を拭くために用意するとは知らなかったなぁ。
オトコのエチケットなのですね。

 

それを名優ロバート・デ・ニーロが茶目っ気たっぷりと演じ、昔の彼を知っていれば、キャラの違いが楽しめます。
そんな『マイ・インターン』のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

予告動画はこちらになります。 ↓ ↓ ↓ ↓


ベン・ウィテカー(ロバート・デ・ニーロ)は70歳。
会社を定年退職し、妻とは死別したが、それなりに老後生活を満喫していた。

 

しかし、変化のない生活に物足りなさを感じていた。
そんなある日、シニア・インターン制度の募集に目が留まる。

 

早速。応募条件にある、志望動機を動画に撮って応募する。
応募先は、衣類をネット販売する通販会社。

 

面接を得て、好印象なことから採用される。
ベンは、社長のジュールズ(アン・ハサウェイ)直属の補佐に配属される。

 

ジュールズは、元々専業主婦であったが、ネットで始めた服のサイトが当たり、創業してわずか1年半の間に200名以上の社員を抱える企業にまでになった。

 

だが、会社が急激に成長したことにより、ジュールズは疲弊していた。
問題は次々に押し寄せ、いくら時間が有っても足りない。

 

仕事が多忙を極めると、そのしわ寄せは家庭にも及ぶようになる。
妻の代わりに専業主夫となったマットは、家事育児を切り盛りするが、ジュールズと十分なコミュニケーションが持てないために、二人の間に少しずつ距離が生じるようになる。

 

会議に次ぐ会議の合間に、顧客対応や現場指導まで行うジュールズの言動に見かねた人事担当のキャメロンは、外部から社長を招き入れることを提案する。

 

しかし頭では理解していても、自分が築き上げた会社をよその人間に命令されるのに違和感が拭いきれない状況に悩んでいた。

 

そんな苦悩するジュールズに対してベンは、今まで培ってきた経験を活かし、助言を与える。

 

ジュールズはベンの行動が最初疎ましく感じていたが、彼のさりげない気配りが次第に心を開かせ、ベンはかけがえのない存在となっていく。

 

ジュールズは、家庭と仕事に対し断固たる決断を下すのだった。

スポンサーリンク

ロバート・デ・ニーロの身だしなみに魅了されます!!

ロバート・デ・ニーロがほんとうにカッコいいですね。
おじさんの渋さ、クラシックな身だしなみが完璧!

 

彼が演じるベンという男性は、私もこんな風に年を重ねたいと思わせるステキな男性です。
身のこなしや立ち振る舞いは言うに及ばず、人生に前向きで積極的に周囲に溶け込むコミュニケーションの高さ。

 

それでいて新しいものを自分に取り入れる柔軟さもあって、仕事への取り組みや、相手を気遣う絶妙な言い回しなど、見習いたい姿です。

 

人生で得た豊富な知見をさりげなく的確にアドバイスする姿勢は、人に対する思いやりが溢れていて、観ていて思わず笑みがこぼれます。

 

そして、ベンの数々のセリフは、とても味わい深く重みがあり、本作のお勧めポイントの一つでもあります。

 

例えば「ハンカチは手を拭くためにあるんじゃない。女性の涙を拭くために貸すんだ」。

 

粋ですね。私も一度言ってみたいものです。
彼の演技力は素晴らしいもので完全にこの映画を上手く引き立てていて、アン・ハサウェイとの相性もばっちりで最後まで観る者を引き込みます。

 

デ・ニーロというと、『アンタッチャブル』のエキセントリックな血に飢えた野獣マフィアや『タクシードライバー』の狂気に追い立てられる反社会的な、孤独で明日を失った男のイメージがあり、本作の様な控えめな演技をしているのが、逆にデ・ニーロの役者としての素晴らしさを引き立てています。

『プラダを着た悪魔』の続編?

予告の宣伝では、『プラダを着た悪魔』から9年と煽っていることから、ファッションを題材にした華やかな作品と勘違いしやすい。

 

アン・ハサウェイが主演というだけで、まったくの別物。
本作は起業した若い女社長の家庭と仕事の両立における悩みと、シニア・インターンという形で再就職した高齢者の話を軸としたヒューマン・コメディ。

 

なので、アン・ハサウェイがバリバリと仕事で活躍するサクセスストーリーではありません。

 

最初は親子ほど年が離れていたことから距離感があったけど、次第に役職や立場や偏見を越えて互いの信頼と友情が深まって行く過程は非常に気持ち良く、なんだか心身が澄み切って行きます。

 

特にベンとジュールズのやり取りで秀逸なのが、社長候補の面談で出張し、ホテルの寝室で、ジュールズが初めて自分の感情を露わにするところ。

 

会社内では、ずっと虚勢を張った強い女性を演じていても、実はガラスのようにもろい心を持っているという負の部分をさらけだし、それを許容するベンの対応が本当の信頼関係なのかと思う。

 

ラストシーンで、ベンと出会わなければまず見ることが無いであろうジュールズの光景はとても良かった。

 

後、ベンが好きな本に『ハリー・ボッター』が好きとジュールズに言うシーンには、『プラダを着た悪魔』を連想させ思わずニヤリとしました。

 

プラダを着た悪魔』の感想をまとめた記事も書きましたので、合わせてご覧ください。

ミランダはパワハラ?『プラダを着た悪魔』のネタバレ感想

2017.11.22

男性は見方によって不快に感じるかも?

本作は捉え方によって、女性が男性に対して何を求めているのかを見せつけられ、不快に感じる男性もいると思う。

 

ベンは自己中心的なジュールズに対して、苛立ちや不満を見せず、まるで古くから家に仕える執事のような従順さしか見せない。

 

バーのシーンで、ジュールズがベンを含む男性社員に対するセリフが印象的。
「現代の男性は女みたいでみっともない」、「ベンが男性の理想の姿」みたいなことを言う。

 

ベンは自己主張を押し付けず、父性だけを残して、ジュールズに尽くしている。
それに対してジュールズからの見返りは一切ない。

 

女性が監督なので、その視点で描かれていることから、男性は添え物になってしまうのもしょうがないかな。

 

「ベンのようなステキな渋いおじ様がいたらいいわね」、「それに比べて最近の若い子はなんか青臭いガキね。」みたいな考え方があるようなないような。

 

要はベンがジュールズに対して、白馬の王子様的な役割を担ったおとぎ話と捉えて見れば、違和感なく観られます。

 

それができるかできないかで、作品の評価が分かれるのかなぁと感じた。

まとめ

現実的には、歳を取ると頑固になって怒りっぽく、上から目線になり、人の話を聞けなくなり、協調性に欠けるなど色々と問題が生じる。

 

ベンの様な紳士的な人は中々いないと思うけど、映画は夢であり、現実には存在しないからこそ意味があると思うので、リアルティーを求めないで、観る方が楽しめます。

 

年の取り方も色々あって、ただ年をとるのと違い、多くの知恵や経験を若い困っている人達のアドバイスに使うこの様な年の取り方をしたいと感じました。

 

随所に人への信頼と優しさが描かれているので、観終わった後は、優しい気持ちになれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です