シルベスター・スタローン主演『ロッキー』あらすじ・感想とは?




ネタバレも含むのでご注意ください!!
自分にとって、仕事でうまくいかず落ち込んでふさぎ込んだ時、モチベーションを高めたい時に観たくなる。

 

そして、鑑賞後には必ず困難に立ち向かう気持ちに奮い立たせてくれる。
私のこれまでの人生の中で、共に寄り添ってくれた映画です。

 

ボクシングを題材にしていますが、ボクシングを通じ、人間はいかにしてもがき苦しみながら立ち上がり、どのようにして生きていくのか、そこに焦点をあてたところに普遍的な魅力があると思います。

そんな思いれの強い『ロッキー』のあらすじ・感想をご紹介します。

スポンサーリンク

『ロッキー』あらすじ

アメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアが舞台。
30歳のロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)は両親を無くして天涯孤独の身。

 

マフィアの集金役で日銭を稼ぐボクサー。
たくましい体に似合わず、気は優しい。

 

近くのペットショップに勤めるエイドリアンに惹かれる。
ロッキーは気を引くためにジョークを交えて話しかけるが、内気なエイドリアンは、簡単には心を開いてはくれない。

 

精肉工場に勤め、酒癖が悪いポーリーはエイドリアンの兄でありロッキーの友人でもある。
ある日、ロッキーに思わぬチャンスが舞い込む。

 

アメリカ建国200年祭りのイベントに世界チャンピョンであるアポロ・クリードが無名のボクサーと戦うことを発表し、サウスポーで『イタリアの種馬』の異名からロッキーが指名される。

 

試合のセコンドには、ロッキーの所業に愛想をつかした老トレーナーミッキーが志願する。
かつてのわだかまりも解消し、ミッキーのもとで、練習に励む。

 

ポーリーも協力し、自分たちの夢を託す。
また、エイドリアンの心も溶けた。

 

こうして、ロッキーはチャンピョン相手に15ラウンドまで闘い抜く。
おしくも判定では、負けてしまう。
けれどロッキーには敗北感がなく、エイドリアンをがっしりと抱きしめる。

『ロッキー』感想①:シルベスター・スタローン

シルベスター・スタローンの名前を聞いて、かつての栄光とは裏腹に「ラジー賞の常連」、「筋肉だけの俳優」と決め付けられてしまうのが悲しい。

 

スタローンは俳優を志すが中々芽が出ず、アングラ芝居の出演や食料品店の魚切り、セントラル・パークのライオンの檻の掃除、さらにはポルノ映画への出演までして日々食いつないでいた。

 

『ロッキー』の主演に至るまでのスタローンの苦労を知るだけでも作品に対する見る目も変わってくる。

 

スタローンは『ロッキー』を3日で書き上げた脚本を決して売り渡さず、自ら主演できるチャンスを待っていた。

 

制作費百万ドル(昭和51年当時日本円で約二億)、撮影日数28日の経済的な映画は、一躍彼を億万長者にした。

 

彼には俳優だけでなく脚本家としての才能もある。
それと、困難にも挫けない強靭な精神が備わっていたことがよくわかる。

 

彼がほんの僅かなチャンスから大きな偉業を成し遂げたという事実が『ロッキー』と重なり、勇気が貰えるんですよね。

 

本屋に足を運べば、成功に関するノウハウ本がたくさんあるのを見かける。
どれも薄っぺらな中身のない本ばかり。

 

逆境から這い上がって成功を掴んだスタローンが示した『ロッキー』は見るだけで、自ずとやるべきことが明確になる。

 

何だかんだ言ってもスタローンが映画関係者及びファンに与えた影響は計り知れないものがあり、批判されるのはそういったところに理由があるのだと思う。

スポンサーリンク

『ロッキー』感想②:人間賛歌

『ロッキー』の最大の見所は紛れもなく、落ちぶれて、毎日の生活に覇気を見出せず、鬱積としているロッキーと、人見知りが激しく、見た目もどこか野暮ったく垢ぬけないエイドリアン。

 

ポーリーはロッキーの友人であり、エイドリアンの兄でもある。
妹を人一倍心配しているようでありながらも罵倒し八つ当たりをする。
酒に溺れ、自分の仕事に不満を持ち、ロッキーに仕事を斡旋するようにしつこく食い下がる。

 

そんなロッキーと関わる周囲の人々を淡々と描いた日常が描かれていなければ、ここまで心を揺さぶる作品にはならなかったと思う。

後忘れてならないのが、ロッキーに対して冷ややかな態度を取っていた老トレーナーのミッキーの存在。

 

ロッキーの才能を見抜き期待していたが、ボクシングに打ち込まずにチンピラとなり下がっていることに愛想をつかす。

 

アポロとの世界戦が決り、掌をかえして接してくるが、一度は冷遇した怒りをぶつけ追い払うが、考え直してミッキーを許してしまう。

 

二人が手を取り合い水に流す場面に言葉がなくてもすべてを物語っています。
人間はとても愚かで醜くて弱い生き物。

 

それがお互い力を合わせることで、強くなれることを教えてくれる。
『ロッキー』でとても好きなシーンです。

『ロッキー』感想③:ストーリー

内容は結構重い。
ハッピーエンドのサクセスストーリーではないけど、惹きつけるツボをしっかりと抑え、感情移入させてのめり込ませていく。

『ロッキー』は、中々ブレイクせずにもがき苦しんでいたスタローンの人生の想いを作品に投影したもので、本当に魂を揺さぶるものになっている。

 

作品のメッセージはとてもシンプルでわかりやすい。
「どんな厳しい状況でも逃げずに諦めるな」ということを教えてくれる。

 

決して、お涙頂戴のような上から目線のものでない、自然と涙腺が熱くなるところが『ロッキー』の魅力でもあります。


出典:https://www.cinemablend.com/new/Incredibly-Stupid-Reason-MGM-Suing-Rocky-II-Biggest-Fan-67369.html

まとめ

最初の駄目な状態から、ロッキーとエイドリアンが洗練され成長していくという点が見ていて気持ちがいい。

 

15ラウンド戦い抜いた末、リングに立ち続けたロッキーとアポロ。
アポロは勝ったという自信から雄叫びをあげる。

 

それに引き換え、ロッキーは愛するエイドリアンの名前を叫ぶ。
とても有名なエンディングで余韻を残しますね。
まだ、鑑賞していない人は是非とも観てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です