ラスト必見!!『ショーシャンクの空に』あらすじとネタバレ感想




ネタバレも含むのでご注意ください!!

映画好きな人に「好きな映画は?」と尋ねて必ず挙げらる作品が『ショーシャンクの空に』です。

それは何といっても、ラストが素晴らしいからです。

「彼は待っていてくれるだろうか、それが私の希望だ」というレッドのセリフがとても印象的。

アンディからのメッセージに基づいて、彼からのプレゼントを探し出し、彼の待つ海辺の町に向かい、再会を果たす。

かなり遠い望遠で、2人が抱き合っているシーンが映し出されて終わる。
このラスト、やっと会えたという感じがして良いですよね。

それと、海辺っていうのが余計2人を引き立てている。
観るたびに、このラストに泣いてしまう。

そんな『ショーシャンクの空に』のあらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

こちらが映画の予告動画になります。(字幕はありません)

妻の浮気がわかり、主人公のアンディ(ティム・ロビンズ)は問い詰め、離婚を突きつけられ、逆上し大ゲンカする。

大ゲンカの後、妻は浮気相手の家へ。
妻の浮気相手は、カントリークラブのゴルフ教師。

アンディは、怒りに駆られ、浮気相手の自宅に向かう。

最初脅すつもりで拳銃を用意していたが、酔いがさめて、帰ると途中銃を川へ捨てる。
しかし、に捨てた銃はみつからず、無実を証明することが出来ない。

家に立ち寄った痕跡があること物的証拠がないため終身刑をいい渡され、刑務所に収容される。

最初アンディは、誰とも関わらずにいたが、一ヶ月たってようやく口を開いた。

その相手が調達係のレッド(モーガン・フリーマン)。
ロックハンマーを依頼する。

レッドには、人殺しにはくれぐれも使うなと釘をさされる。
小型のツルハシで趣味である岩を砕く為に使用と説明。

脱獄に使うのかとカマをかけられるが、現物を見て、不可能と悟った。
お決まりの日常が続き、アンディーには生傷が絶えなかった。

それは、彼に執拗に絡む囚人がいるから。
そんな状況が2年続く。

だが、刑務所長が工場の屋根の塗り替えをすることにより、志願者を募る。

アンディは立候補をする。
レッドを含む仲間たちも立候補し一緒に屋根の塗り替えをする。

これが、転機となる。

看守長は兄が亡くなり、遺産をもらうにも税金でとられてしまうと愚痴をこぼす。

アンディは前職が銀行員だったことから税金に関しても詳しいことから看守長に遺産は全額貰えることを提案。

節税対策手続きの代行を買って出る。
取引の引き換えに仲間にビールを要求。
これを機にレッドと親交が深くなる。

もうひとつ、看守長の話を聞き、所長が興味を示し、自分の秘書にさせる。

アンディに付きまとう囚人も看守長が傷めつけ、再起不能にし、これでアンディを苦しめた敵はいなくなった。

やがてアンディは図書館係に配置換えになる。州議会に図書館の予算を手紙で粘り強く申請し、根負けして、寄付金と古書が贈られた。

さらに州議会に予算を申請し、図書館の充実も図られ、囚人たちの憩いの場を与えることに貢献。

所長は、職務を利用して賄賂をもらい、その金をアンディにマネーロンダリングさせる。

新たにトミーという若者が入所してくる。

トミーはアンディの刑務所に入所した経緯を知ると、妻と不倫相手を殺した真犯人がいる事を明かす。

アンディは再審を所長に直訴し、裏金の件を引き合いに出すが、逆鱗に触れ懲罰房に入れられる。

また、トミーは口封じの為、射殺された。

所長の不正に協力することを条件に懲罰房から出ることができた。しかし、どこか様子がおかしいアンディをレッドは心配し話しかける。

そこで、レッドへ伝言を残す。
その翌日、アンディの姿が消えたことが発覚する。

ポスターに隠した壁を掘り、脱獄をはかった。

アンディは裏金を架空名義の口座に振り込んでいた金を引き出すと共に所長の罪状を新聞社に送り、事件が明るみとなり、所長は自殺する。

レッドも40年の刑期を終え、仮釈放。

現実社会の厳しさに心が折れた際に、アンディの伝言を思い出し、会いに行く。

観るたびに、ラストシーンで涙してしまう

希望を信じるか信じないかで人でいられるかどうかが決められる。

希望をなくして諦めてしまえば、そこで終わってしまう。

例え無理とわかっていても、1%の希望があれば、自分を信じて行動した人間が、最後幸せを掴む。

アンディが、部屋の壁に名前を彫ろうとしたところ岩盤が弱い事に気づきく。レッドに1枚目のポスターを注文をして、発掘を始めるキッカケとなる。

具体的な作戦は、この時に脱獄を計画し始めたと思う。

アンディは刑務所の中で、廃人ぎりぎりの所まで追い込まれながらも、無実である強い思いが引き寄せられ、図書館の仕事が舞い込み、その後所長の金庫番を担当することとなる。

レッドも言うように「その仕事を任されていなければ、廃人同然になっていたかもしれない…..」

2人が抱き合うラストは、お互いが自由になった姿を見て、心底喜んでいるように思え、それがこの映画を観て感動するところです。

予想外の結末に驚いた

いい意味で予想が裏切られました。
主人公が冤罪で刑務所に送られてしまうこと以外知らない状況で視聴。

スティーブン・キング原作とあって、タイムリープのものかと思っていました。

あらすじは、主人公のアンディが刑務所内で囚人をたすけ、その拍子で頭を強打して失神。

気が付くと事件の当日にタイプリープ。

そこで、同じく服役しているレッドを助ける。

 

感動する話だとこんな感じかなと予想。

実際は、終盤アンディがレッドから調達した小型ハンマーを使って脱出。

正直「えっ」でした。

あまりにも予想とかけ離れていたので、あっけにとられました。

 

刑務所が舞台ならば、脱獄ものはつきもの。

あまりにもストレートすぎるので、あえて変化球で考えていませんでした。

レッドの心情で語られいて、わかりやすい

モーガン・フリーマン演じるレッドの視点で語られるのでわかりやすい。

刑務所内の話が大半なので、淡々として物語の起伏がないので、レッドの感情が語られるとよりアンディの心情も汲み取られる演出が好きですね。

アンディのしたたかさに共感できます

現状に不満を抱えていても何もしなければ変らない。2年もの間、黙々と耐え忍んでいたアンディの姿を見ると痛々しい。

環境に溶け込むのは、決して簡単なことでない。

アンディはここぞと思い行動に出たんでしょうね。

自分の経験を活かして、それを武器にする。実社会においてもこのスキルは重要だと感じます。

常にアンテナを張っていなければいけませんが、サラリーマンでやっていくのはこういうことなのかと痛感。

自分をさらけだすことで、相手も共感する。わかっていても中々できないこと。

私は話下手で、雑談が苦手。とかく人間関係は悩みの種。

余計な緊張をして会話が途切れてしまう。原因は「人に関心を示す事」

要は、人に関心を示すことの重要性を知っていれば、自分から相手に心を開く。

アンディは看守長に興味を示したからこそ、環境が変わりました。

それに付随して、レッド達とも親交を深めた訳ですからとても参考になりますね。

スポンサーリンク

ブルックスの言動に考えさせられる

50年に及び服役していたブルックスが仮釈放。通常であれば喜ばしいが、刑務所とはいえ、自分の居場所があった。

出所したら誰も自分に関心を持つものがいなく、孤独に耐えられず自殺をしてしまう。

なんとも胸に突き刺さるシーン。決して他人事ではなく、考えさせられます。

初めは環境を憎み、そのうちに慣れ、依存していく。まるで、会社に依存をしている自分そのもの。

仕事に対してのやりがいが見いだせないでいる。

現状に満足をしていなくても給料が貰えるからと問題を先送り。

その日、その日を深く考えずに淡々と過ごしてしまう恐ろしさ。

気が付いたときはもう取り返しがつかない。

なんともやるせなくなってしまいますが、真剣に向き合わなければと気づかせて貰ったシーンですね。

度肝を抜いた脱獄計画に圧倒された

アンディは所長の裏金の管理をし株、公債、無税の地方債に変えマネーロンダリングする。

バレた場合でも足がつかないように、架空名義の口座をつくる。

出生証明、免許書、社会保障番号とぬかりがない。

架空の人物がアンディになる計画性に脱帽。

 

脱獄する日、親友のレッドに別れを告げる。

アンディとレッドの会話。

「生きるのに励むか」、「死ぬのに励むか」とても重い言葉です。

それからレッドも仮釈放され、現実の厳しさに直面し、最後にアンディと約束した「出所したら頼む」を思い出し『シウアタネホ』へ。

再び再会するところで、終わりますが、「何にも替え難い」ものがあり、他の映画の追随を許さない重みを感じると同時に映画のラストシーンはあまりにも美しすぎて、言葉を失ってしまいますね。


出典:http://kaigai-drama-eiga.com/2017/05/31/the-shawshank-redemption-1994/

まとめ

まず、『ショーシャンクの空に』はとてもわかりやすい!!

モーガンフリーマンが事あるごとにナレーションをしてくれることにより、ホントありがたい。

ストーリも起伏に富んで見事なのだけど、それ以上に登場人物の生き様に心惹かれます。

刑務所は普通の生活では想像つかない独特の世界であると考えますが、とりわけ個々の人間性があって、描いている部分は評価出来ます!

数多く印象的なシーンがある中で、特にアンディが放送室でレコードを大音量で音楽をかけるシーンが好きですね。

罰を決意して、音量を上げるアンディに男を感じます。

辛いシーンもあるけど、笑いを誘うシーンや心がときめくシーンも多数。

ラストの所長達の逮捕から、親友レッドとの再会のシーンは感動。

何処までもプラス思考になれる『ショーシャンクの空に』が私は大好きです。

刑務所を題材にした映画では、満足のいく出来栄え。

どんな苦境に立たされても挫けず希望をもって行動する主人公アンディ。

何処までも前向きになれうのがこの作品の一番の魅力。

何度見ても飽きないんですよね。

それは、普遍のテーマである人間賛歌であるからだと思います。

『ショーシャンクの空に』が観れる動画配信サービス

動画配信サービスには興味があるんだけど、どれも似通っていて区別がつかない。

いざ申し込もうとしても、付加価値がわかりづらいので、自分でわざわざ調べるのも面倒くさいですよね。

他にもやることがあることから、どうしても後回しになってしまう。

私も動画配信サービスを決めるにあたり、色々調べるのが面倒で、放置していた経験があるのでよくわかります。

映画好きなあなたであれば、配信本数が100,000本以上と競合他社と比較してもトップレベルであるU-NEXTを選択すればまず問題ないです。

そこで、まず気になる料金体系を表にまとめました。

月額 1,990円+税(毎月1,200ポイント付与)
本数 120,000以上(約40,000本はレンタル)
形式 月額見放題+個別課金(レンタル)
お試し期間 31日

この表を見てまず思うのが、「毎月2,000円近くも払うのはもったいないなぁー」と感じるはず。

確かに、他の動画配信サービスと比べても高いです。

でも、その金額に見合うだけの付加価値を簡単に紹介しますね。

新作映画が早く見れる

基本料金が、他社と比べて高いことは一見弱点のように見えますが、他社の配信サービスでは観ることができない作品をいち早く観られるという強みは大きいですね。

毎月貰える1,200ポイントを使えば、新作が2本見ることができます。

BOOKサービス(電子書籍サービス)がある

U-NEXTに申し込むと、動画サービスと併用して、BOOKサービスが利用できます。

雑誌は約70誌が無料で読み放題。

『週刊プレイボーイ』、『週刊東洋経済』、『日経トレンディ』等。

漫画は約20万冊の品揃えです。特に少年・青年コミックが充実。

無料の漫画もあります。

また、毎月1,200円分もらえるポイントを使って、マンガや書籍の購入に使うことができます。

クレジットカード以外の決済方法がある

動画配信を使ってみたいと思っている人の中で、ネットからクレジットカードの情報を登録することに不安を感じている人もいるはず。

個人情報の流出に関する事件が後を絶たないことから、自分の身に降りかかったら怖いですからね。

クレジットカード以外に『U-NEXTカード』と『U-NEXTギフトコード』を使った決済方法があります。

Amazonギフト券やiTunesカードと同じ形態でコンビニなどで販売されており、レジに持っていき購入するかたちです。

詳しくはレビューに書きましたので参考にして下さい。

毎月貰えるポイントを使い映画館で鑑賞ができる

毎月貰える1,200ポイントを使い、全国のAEONシネマ、松竹マルチプレックスシアターズ、ユナイテッド・シネマ、そしてオンラインからチケット予約ができるKINEZOと4つの場所にて使用可能。

映画館で利用すれば、ポイントを割引と捉えて使うこともできます。

また、ポイントを貯めればその分割引で映画を鑑賞できます。

映画館でポイントが使えるのは、頻繁に映画を観る人にとって、魅力的だと思う。

映像は「フルHD」を採用して、クリアな画質

『フルHD』とは、フルハイビジョンの略。

簡単にいえば『HD(ハイビジョン)』よりきめ細かくなった美しい映像です。

U-NEXTの映像画質はフルHD(1,080p)が標準なことから、非常にくっきりと鮮明でキレイ。

Blu-rayと同様の解像度(1,080p)を配信していて、レンタルDVDと比べても高画質の映像を楽しむことができる

テレビやYouTubで楽しむことができるので、映画を見る為にわざわざ毎月お金を払うのはもったいないと躊躇してしまうのは普通であり当然です。

私たちは「無駄遣いをするな!」と教育を受けてきました。

「余計なものをすぐに買ってしまう」という理由から、お年玉はすぐに取り上げられましたよね。

『無駄遣い=悪いこと』という刷り込みから、どうしてもお金を使うことに躊躇してしまう。

終身雇用の崩壊や消費税が10%と、この先のことを考えると不安になり、無駄な出費は抑えなければいけない。

確かにその通りです。

もちろん、無駄遣いはしないほうがいいのですが、この無駄遣いの定義を多くの人が間違った解釈をしているんです。

世間一般が思っている無駄遣いを積極的に行う人だけが、人生をストレスなく健康で過ごしています。

人それぞれ価値観が違います。

自分の心が癒せるものにお金を支払う事で、それがモチベーションとなって仕事に活かすことができます。

つまり、興味があることに出費を抑えてガマンしていては、ストレスが溜まるだけでむしろ悪循環です。

iPhoneで有名なAppleのCEOであったスティーブ・ジョブズも言っていますが、最も大切なのは、自分の心と直感に従うことが大事。

心が満たされている人は、生活に余裕が生まれ、普段から笑顔を絶やさずにいるので、幸せを引き寄せます。

充実した毎日をあなたに送ってもらいたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です