巻き寿司一人あたりのご飯の量どれ位かわかりますか?




平日の昼下がりの、ファミレス。
奥様たちが、何やらおしゃべり中。

 

「これで、会費は全員分よ」と、Aさんがテーブルに置いた封筒。
「お手数、かけたわね」と、Bさん。

 

「じゃあ、買い出しは、私がやっておくから」と、Cさん。
何が始まるのでしょうね。

 

どうやら、ホームパーティーを開く様子。
ごちそうは、巻き寿司のようです。

 

巻き寿司って、人気ありますよね。
寿司と言えば? 「やっぱ、握りでしょ」って人も多いかもしれませんね。

 

確かに、握り寿司も美味しいです。
けれども、巻き寿司はコスパ的にグッとお得。

 

食欲旺盛な? 奥様たちが集まるパーティーのごちそうとしては、うってつけ。
でも、自宅がホームパーティー会場に選ばれたDさん、家に帰ると、何だか思案顔。

 

「巻き寿司って、ご飯の量、どのくらい用意すればいいのかしら」。
確かに、巻き寿司のご飯なんて、深く考えたことない人、多いとかと思います。
どのくらいが、「適量」なのでしょうか。

 

巻き寿司にも、いろいろな種類がありますけど。
まずは、太巻き寿司から見てみましょう。

スポンサーリンク

 

太巻き寿司のご飯の量は?

Dさんの家へ集まるのは、4人。
太巻き寿司は、4-5人分で、だいたい、ご飯2合がちょうどいいです。

 

お米1合は、約150gですから、ほぼ300gくらいのご飯の量でちょうどいいって感じ。
家庭にある炊飯器って、たいていは5.5合炊き。

 

まれに、大きなもので10合、つまり1升炊きといった大きな炊飯器も売られています。
2合って、それほどの量じゃあないですよね。

 

具材にはきゅうり、かんぴょう、干しシイタケなどの他にも、にんじんや、卵焼きを用意してもイイ感じですよね。

 

2合のご飯を酢飯にして、「まきす」の上に焼き海苔をのせます。
そして、酢飯と具材をのせます。

 

この時に、酢飯は、焼き海苔より上下左右、それぞれ約1cm位、少なめに盛るのがコツ。
なぜでしょう?

 

焼き海苔と同じ量に目一杯、酢飯を盛ってしまうと、まきすを巻く時に、酢飯がボロボロとこぼれてしまい、きれいに巻くことができないからです。

変わり種の太巻き寿司は?

ここのところ、太巻き寿司でも、いろいろと変わり種の巻き寿司が人気。
その中でも、牛のしぐれ煮を具材に使った巻き寿司って、けっこうなポピュラー。

 

作り方は、普通の巻き寿司と同じです。
使うご飯の量も、通常の太巻き寿司と同じ。

 

ただ、まきすの上に具材をのせる時に、牛のしぐれ煮は最後にのせるようにしましょう。

 

なぜなら、酢飯に肉汁がシミだしてしまって、せっかくの酢飯が美味しくなくなったり、巻くときに崩れてしまって、上手く巻けないなんてことになってしまいます。

スポンサーリンク

納豆巻きは?

納豆巻きも人気が、ありますよね。
「納豆? ちょい、苦手」って言う人も、納豆巻きならOKってこと、多いみたいです。

 

そんな納豆巻きは細巻ですから、適量なご飯の量は、2本で1合。
納豆は、普通は、ひきわり納豆を使います。

 

ひきわり納豆がなかった場合、包丁で刻んでひきわり納豆にしたほうがいいですけど、ねばねばの納豆包丁で刻むなんて「めんどクサイ! 」って、思っちゃうのって、私だけでしょうか。

 

小粒納豆であれば、別に、普通の納豆でも、ぜんぜんOKです。

 

最近は、極小粒納豆もスーパーの売場に並ぶことが多いですから、極小粒納豆であれば、なおさら、そのままでも使えちゃいます。

巻き寿司の定番手巻き寿司は?

巻き寿司の定番、手巻き寿司の場合は、各自、酢飯をとって巻き寿司をつくりますから、めいめいのお好みの量×人数分のご飯が必要になります。

 

でも、だいたいの目安としては、太巻き寿司とほぼ同じくらいって思えば間違いないでしょう。

 

今回のように、奥様4人で開くホームパーティーですと、2合。ちょい、多めに用意するとしても、せいぜい3合も用意しおけば十分。

 

子供の成績、部活。
いろいろと、ホームパーティーの話のネタは尽きないと思います。

 

ついつい、食べる量が増えてしまって。
そんなことも、あるでしょう。

 

でも3合用意しておけば、「あら、もう、ご飯、オシマイ? 」なんてことにはならないはずです。

 

手巻き寿司の具には、太巻きに使うきゅうり、干しシイタケ、卵焼きの他に、やっぱ、海鮮ものですよね。

 

握りよりずっとお手軽に海鮮ものを楽しめるお寿司が、手巻き寿司のいいところです。

 

まとめ

とにかく楽しい、ホームパーティー。
そんな場を盛り上げる巻き寿司のご飯の量って、2人で1合用意しておけば、十分なようですね。
食欲旺盛な奥様たちが開くパーティーとはいっても、そこは、皆様「レディー」ですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です